どのような場合に離婚が認められるのか?

離婚するとき、双方の同意があったとしても、離婚届けに判を押して、おしまいという簡単なものではないことはご存知でしょうか。

ここでは、どのような場合に、離婚が認められるのか、離婚するときに何が必要なのかをお話していきましょう。

法律には、定められた離婚事由というものがあります。

第770条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

①    配偶者に不貞な行為があったとき
②    配偶者から悪意で遺棄されたとき
③    配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
④    配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
⑤    その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 

以上があれば、裁判離婚で婚姻関係の解消をしたいと請求を行うことが出来ます。

もちろん、離婚事由に定められたものがなかったとしても、夫婦同士での話し合いや、家庭裁判所での調停などを通じた話し合いで、双方の同意があれば離婚に進むことが出来ます。

どのようなことを話し合うのかを見ていきましょう。

婚姻関係の解消をすること自体をお互いが同意していたとしても、財産分与、親権、養育費など、離婚をするときに必要とされる権利関係を具体的に決定することが必要になってきます。

内容が決まったら、文書化して保管しておきましょう。価値を高めるためには、公証役場で公証人に離婚を内容とする公正証書を作成してもらうことも検討してもいいかもしれません。

もし話し合いが成立しなかった場合、家庭裁判所の調停に話し合いの場所が移ることになります。そのため、事前に以下の書類や証拠類を用意しておくと良いでしょう。

・長期間の別居:相手の住んでいる家の家賃や契約情報
・DV・モラハラ:怪我や被害による診断書、被害を写真や音声で記録する
・就職しない・飲酒癖・浪費癖:扶養証明書、飲酒物の写真や購入レシート
・家庭の放置:相手と過ごした写真や相手の休日の様子が分かる物
・親族との関係悪化:親族と話し合ったことを録音など記録する
・性格・性生活の不一致:相手と性生活の不一致について話したことを記録する
・犯罪行為・服役:犯罪経歴証明書

 

もし証拠が充分に揃わなかった場合は、別居の意思を伝え、行動に移しましょう。少し長い期間になりますが、別居が5年以上にわたる場合は、婚姻関係が継続しがたい事由に該当する場合があります。そのため、相手側も5年も待たずに話し合いに応じてくれるかもしれません。また婚姻関係が続いていれば、生活費などを請求できるかもしれません。

離婚調停をする

もし話し合いで成立しなかった場合、もしくは本人同士の話し合いで離婚条件を決められない場合に離婚調停が行われます。

離婚調停とは、調停委員という第三者が間に入り、双方の主張を聞いて離婚成立を目指す方法です。相手と直接顔を合わせる必要がないので、相手と直接会いたくない方にも向いている方法でしょう。また、弁護士に依頼して代理してもらうことも可能です。

離婚問題についての相談先

既に離婚の意思が決定していて、相手方と意見の相違がある場合の相談先は、弁護士が一番適任でしょう。

弁護士は、離婚の相談から調停・裁判対応まで、離婚に関するあらゆる手続に対応してもらうことが出来ます。

財産がどのくらい分与されるのか、親権がとれる見込みはあるのか、の判断を含め、調停離婚や裁判離婚の準備や手続きを、任せることが出来るのです。離婚に向けて様々な手続きが必要な時期に、少しでも任せることが出来る部分があるのは、身体的にも精神的にも負担が少なくなるでしょう。

特に、配偶者の不貞行為やDVに対して慰謝料を請求したい方や、養育費や財産分与で納得がいかず、相手と争って慰謝料請求、財産分与、親権取得を希望する場合には、弁護士に相談するのが、的確なアドバイスももらえるでしょう。

もし、相手とは話し合いで成立している場合は、行政書士に依頼することも時間の短縮につながります。弁護士よりも相談料や報酬が比較的安価です。

話し合いの中で決まった離婚のときの約束を書面に残すために、離婚協議書を作成する場合、行政書士を利用すると良いでしょう。

また、まだ離婚に関して悩んでいる、自分は離婚が出来る状態なのかの相談をする離婚カウンセラーやNPO法人の相談窓口もあります。

話を聞いて、一緒に考えてくれるなど心のケアをしてくれるのですが、法的な手続きや依頼はできません。また離婚カウンセラーの場合、相談費用として2時間で15,000円ほどかかるなど、費用も発生しますので、注意しましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!