セックスレスは離婚のきっかけに!慰謝料請求ができる人とは セックスレスを理由に離婚したい場合の基礎知識

離婚は、双方の同意があればできるので、離婚したい理由がセックスレスだけでも、相手が離婚に同意すれば離婚はできます。

ただ、相手が離婚に同意せず、裁判にまで持ち越された場合、セックスレスのみで離婚が認められるケースは少ないようです。

離婚裁判になった場合は、民法770条の『法定離婚事由』に該当しなければいけません。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

セックスレスでの離婚の場合、『婚姻を継続し難い重大な事由』とも考えられますので、それが認められれば、離婚も成立するでしょう。

例えば、子どもをつくることを前提に結婚したのに、一方が性交不能や妊娠できないことを隠していた場合や、結婚した後に性交が一切なく、改善の努力も見られない場合です。

状況によって変わってくるので、セックスレスでの離婚に強い弁護士に相談みてもいいかもしれません。

もしセックスレスで離婚を裁判で勝ち取りたい場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」である証拠を集める必要があります。セックスレスが悪質である証拠として、以下のものがあげられます。

1:婚姻後の性交渉があった時期、頻度に関する明細:例えば日記、避妊具の購入明細、カウンセリング資料、ラブホテルの利用レシートなど。
2:性交渉がなくなった時期がわかるような資料…夫婦間のメールやLINEなどメッセージアプリなどを通したやりとりなど。
3:性交渉がないことについて夫婦間で協議した、または協議しようとしたことがわかる資料…友人・家族との相談メール、夫婦間で話したときの録音
4:3の協議について、相手が非協力的であったことがわかる資料…夫婦間でのやり取りや録音
5:性交渉がないことにより、いちじるしい精神的苦痛を被っていることが分かる資料…友人・家族との相談メールなど

もし、夫婦間の性交渉を拒否しているにもかかわらず、風俗店やアダルトビデオなどを利用して性欲を満たしていることが判明した場合、クレジットカードの利用履歴や、レシート、ポイントカードは証拠として、使えますし、その旨を記録しておくだけでも1つの情報として扱ってもらえます。

細かいことですが、これらが、セックスレスが悪質であることの証明につながるかもしれません。

セックスレスが悪質と判断されれば、離婚だけでなく、慰謝料請求が認められる可能性もあります。もしくは離婚は認められなくても慰謝料が認められる場合もあるでしょう。

信頼できるはずのパートナーに拒否され続け、自分を否定され続けたようなつらい日々を過ごした人は、精神的な負担が大きいため、離婚の際に慰謝料を支払ってほしいと思う気持ちもあるでしょう。

ただ、慰謝料というものは、一方の不法行為により、もう一方の権利や利益を侵害したことに対し、償いとして支払うお金です。

精神的負担が大きいセックスレスではありますが、性交不能なのを隠し結婚したなどの明確な理由がなければ、法律上、不法行為と断定することが難しい可能性が高いでしょう。

先ほども伝えたように、セックスレスが悪質だと判断される場合は、慰謝料の請求が認められる可能性も出てきます。しっかり証拠を保存し、弁護士へ相談してみてもよいでしょう。

例えば、

・婚姻期間が長い
・セックスレスの期間が3年以上など長い
・セックスレスのきっかけが相手の不倫
・結婚前は性交渉をしていたのに、結婚してから一度も性交渉がない

などの場合、悪質だと認められ、慰謝料の請求が認められる場合があるようです。

慰謝料の相場は100万円~300万円になることが多いようです。

もっとも、セックスレスといってもその内容、理由、程度、経緯はケースバイケースとなります。慰謝料の金額は「婚姻期間の長さ」「相手の年収・資産」「相手の年齢と職業」「養育する子どもの年齢や人数」などによっても変わってきますので、注意しましょう。

まずは弁護士に相談し、自分のケースが、慰謝料が認められるケースなのか相談してみるのもよいかもしれません。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!