不倫相手の住所を調べる方法

慰謝料請求するためには、不倫相手の名前と住所が必要になってきます。

ですが、中々自分では、しらべにくいですよね。

もし自分で調べるとすれば、相手の住民票を請求する方法が1つなのですが、第三者が書類を請求する場合、個人情報になりますので、簡単に頂くことはできません。

不倫相手の後をつけて住所を調べる方法もありますが、下手に動くとストーカー扱いされたり、プライバシー侵害として、逆に訴えられてしまうかもしれないでしょう。

一番いい方法としては、慰謝料の請求をするところまで、法律のプロである弁護士に依頼する方法です。法律のプロであれば、業務に必要な範囲でということにはなりますが、個人での入手が難しかった住民票や戸籍謄本、戸籍の附票などの書類を入手できます。

弁護士は弁護士会照会を利用することが可能です。

弁護士会照会とは、なにかを説明していきましょう。

弁護士法23条に定められた法律上の制度で、弁護士が担当する事件に関する証拠や資料を円滑に集めて事実を調査することを目的としています。照会は弁護士個人が行うのではなく、担当は弁護士会です。

弁護士会照会は、弁護士が担当する事件の解決に向けた情報収集手段のひとつとして活用されています。弁護士法に定められた法律であり、照会を受けた個人や団体は、しっかり回答しなければいけません。

弁護士照会を使って、相手の住所を調べるとしても、同姓同名の人物は多くいるので、些細なことでも少しの情報があれば、住所が調べやすくなるでしょう。

また、役所に住民票や戸籍などの書類を請求することができます。もちろん個人でも請求自体はできますが、役所が承諾するかどうかは別です。第三者という弁護士を通すことで承諾を得やすくなるでしょう。ただし、調べる相手が住民票を現住所に移していない場合など、わからないこともあります。

その他、弁護士紹介を通して、キャリアのメールアドレスや電話番号から調べることも可能です。弁護士会から各携帯電話会社に照会してもらうのです。ソフトバンクの場合は弁護士会照会であっても情報を開示してくれないという声もみられたようですが、現在は照会できるようです。

また、車のナンバーからも調べることが可能です。

パートナーの不倫相手が、乗っている車を偶然見かけたときにはメモしておくようにしましょう。

それでも弁護士に依頼するとなるとお金もそれなりにかかります。

もし、相手の勤務先がわかっている場合は、勤務先に内容証明郵便を送付するという方法があります。

ただ、必ず相手本人以外の職場の方には絶対に内容を読まれたりしないようにしてください。逆に名誉毀損で訴えられる可能性が出てきてしまいます。

相手の職場に内容証明郵便を送る場合は、以下に注意してください。

・職場に送らざるを得ない状況に限ること

相手の自宅の住所がわかっているときは、職場ではなく自宅に送るようにしてください。もし、自宅に送ったのに受け取りを拒否された場合は職場に送ってもかまわないでしょう。

・他の人が開封しないようにすること

わざと宛名を書かずに、他の誰かが開けるように仕向けることは避けてください。すでにお伝えしたように第三者に浮気の事実を勝手にバラしたとされて、あなたが名誉毀損で訴えられてしまうリスクがあります。きちんと浮気相手の宛名を書き、他の人が間違って開封しないように配慮してください。

・浮気の証拠を得てから送ること

浮気の証拠がなければ、本当に浮気をしている場合でも浮気していないと言われてしまえば、終わりですし、もし本当に浮気をしていなかった場合は、逆に訴えられてしまうかもしれません。ラブホテルへ出入りしたことがわかる写真や動画、レシートなど、身体の関係が証明できるものが証拠です。

以上のことを考えると、大変な苦労を背負う前に、難しい部分は弁護士に一任し、自分の生活を守ることを考えてもよいでしょう。

では、お伝えした内容をまとめてみましょう。

不倫相手の住所を調べるためには、個人で動くには限界がある。

法律のプロを通すと「弁護士照会」を通して、スムーズに住所を調べることが出来る。

以下の情報があると調べやすい。

・名前、生年月日
・キャリアの電話番号やメールアドレス
・車のナンバー

もし、その情報がなかったとしても、法律のプロが味方になっていれば、自分が有利な状態で相手の情報を調べることが出来る。

まとめるとこのような形になりますね。自分で調べることもある程度は可能ですが、心身ともに追い込まれているときに更に追い込まれるような行動をしなければならないとき、心身への負担から、今後の人生に影響が出てしまうかもしれません。

法律のプロに任せることで様々な意味でスムーズに事を進めることが、自分のためでもあるでしょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!