妊娠中に浮気をする男性はなぜ多いのか??気になる方必見!

大切なパートナーとの間に大切なわが子が出来た。もちろん大変喜ばしいことであり、これからの生活で潤いとなるものでしょう。

その喜ばしいことの反面、女性にとっては、今までにないような身体的、精神的な大きな負担がのしかかってきます。今までの生活スタイルが崩れ、頭で考えるようにスムーズな家事などが出来なくなってきます。対して、男性側は、身体的負担がなく、中々女性側の負担を自分自身に置き換えることが困難です。

そこから起きるすれ違いが、浮気に繋がっていくのでしょう。

大切なパートナーが大切なわが子を身ごもっているときに、なぜ浮ついた心が出やすいのか、4つお伝えしていきましょう。

 

①    セックスレスのため
②    女性の情緒不安定のため
③    パートナーに構わなくなるため
④    子どもができるプレッシャーのため

 

①セックスレスのため

妊娠の経過が良好であればセックスをすることは可能ですが、激しいセックスはできません。

オーラルセックスが中心となり、母体に気遣ったものが多くなります。

また、経過が良好でセックスは可能だとしても、体調が良い時と悪い時の上下が激しく、落ち着かないうえに、体型の変化やつわり、胎児への影響を懸念して、素直に応えることができないこともあるでしょう。

男性としては、それが満足できない場合もあるようです。

②女性の情緒不安定のため

妊娠中の女性の8割がホルモンバランスの乱れによる情緒不安定を感じるようです。

普段であれば、特に何も思わなかった出来事も、精神的負担が大きくなり、いらいらやネガティブになることが多くなるようです。

ストレスをぶつけられる男性側としては、家での安寧がなくなり、外で人肌を求める場合があるようです。

③パートナーに構わなくなるため

女性側としては、大切なパートナーとの大切なわが子であり、一番に守る存在になっていくでしょう。身体的・精神的な負担も大きく、更に子どものことが第一優先になるため、男性側としては、自分への思いやりが少なくなったと感じる場合もあるようです。

⑤    子どもができるプレッシャーのため

子どもが生まれてこれから親になることは、喜ばしい反面、責任を伴いますよね。責任を伴うということは、プレッシャーも生まれます。

責任の重さは同等であるはずなのに、男性側は身体的負担がない分、責任逃れをしやすくなる傾向があるようです。外で仕事をしている場合、仕事先での人間関係のストレスなどもあり、外だからこそ誘惑されるものも多いでしょう。

以上の4つとなります。

総じて、男性側に身体的負担がなく、妊娠しているからこそある精神的負担は感じることが出来ないため、中々女性側の現状を把握し、フォローにまわることが難しいためであることが原因となりそうですね。

女性側としては、自分の状態は、男性から見て全く分からないものだとして、話し合いをしていくことが必要になってくるようです。

本来であれば、妊娠中で余計な負担の大きい女性側としては、男性側に自分から考えてフォローしてもらいたいところですよね。ただ、今までの生活において、どうしても性格が合わず、相手の考えが理解出来なかったことがあったと思うんです。それは自分自身が相手の立場になりきることが出来ていないからではないでしょうか。相手とは育った環境も違えば、歩んだ人生も違う中、考え方が全く同じであることはないはずです。考え方が違えば、自分の判断が正しいと思っていても、受け取り方が変わってくる場合があります。

それを踏まえて、改めて、自分の身体的・精神的負担を洗い直し、細かく自分の状況とどうしたら負担が軽くなるのかを伝えてみましょう。

お互い大切なパートナーだと思うからこそ、結婚し、子どもも授かったのだと思います。

思いやる時と場所をお互い考えなおしてみるのもよいでしょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!