慰謝料請求の弁護士費用は?

弁護士費用は、この金額だと決まっているわけではありません。それぞれの弁護士事務所の料金体系によっても変わってきます。そのため、最終的には、4~5社ぐらいをまわり、その中で金銭的に良さそうなところ、依頼したい内容に強そうなところ、なにより相談者に寄り添い、自分と合いそうな弁護士がいる事務所にするのが良さそうです。

慰謝料請求の弁護士費用の内訳

弁護士費用には、「相談料」「着手金」「報酬金」「実費」「日当」の5項目がかかってくることが多いでしょう。

・相談料

弁護士に相談した際にかかる費用です。相談料はおおよそ30分で0~5,000円です。事務所によっては1時間1~3万円かかるからこそ、深いところまでカウンセリングを行うというところもあります。

最近では、初回無料相談とうたっている弁護士事務所もたくさんありますよね。

・着手金

着手金は、依頼した案件に着手する際に支払うものです。基本的には一度支払えば、返金されないものと考えておくと良いでしょう。内容の進み具合や、弁護士事務所の料金体系など、それぞれの処理に応じて返金される場合があるようなので、もしもの場合は最初に聞いておきましょう。

・報酬金

報酬金は、依頼した案件が成功した場合に支払うものです。多くは獲得した金額に対して〇%、あるいは〇万円と決められています。

離婚の場合は、慰謝料は〇%、財産分与〇%、養育費や親権は〇万円など内容によって決められています。

パーセンテージで決めず、いくらかかるか事前に決まっている事務所もあるようなので、確認しておくのもよいでしょう。場合によっては、予め定額で処理がされることになることはよくあるようです。

・実費

実費とは、弁護士が活動する際にかかる弁護士報酬以外の費用のことです。例えば、交渉や出廷した際の交通費や、書類のコピー代などです。

日当

日当は、弁護士が弁護士事務所以外で、活動した場合に発生する費用です。1日1~2万円が相場と言われています。この日当がない事務所もあります。

弁護士費用が5つの項目に分かれていること、それがどのような目的として請求されるものなのか、理解頂けたかと思います。ただ、結局いくらかかるんだろう?ということはまだわかりませんね。

慰謝料請求の弁護士費用といっても、①離婚をするのかしないのか、②どういった形で離婚するのか、③パートナーと不倫相手どちらに請求するのかで弁護士費用も異ってくるのと、最初にも伝えたように弁護士事務所によって違うのもあり、いくらと出すのは難しくなります。

そのため、慰謝料の中でも理由別で、相場を見てみましょう。

・不貞行為が理由で離婚慰謝料を請求する場合の相場…50~300万
・DVやモラハラが理由で離婚慰謝料を請求する場合の相場…50~300万
・セックスレスが理由で離婚慰謝料を請求する場合の相場…10~100万
・家庭にお金を入れないのなど悪意の遺棄の理由で離婚慰謝料を請求する場合の相場…50~300万

 

このようにみると金額に大きな差が出ているように見えますが、様々な状況を考えて決まってくるものなので、どうしても金額に大きな差が出がちです。

もう少し細かく見ていきましょう。

 

・協議離婚でパートナーに慰謝料請求した場合の弁護士費用の相場…着手金・報酬金それぞれ獲得金額に対して10~30%
・離婚調停でパートナーに慰謝料を請求した場合の弁護士費用の相場…着手金・報酬金合わせて20~40万円
・離婚裁判でパートナーに慰謝料を請求した場合の弁護士費用の相場…着手金・報酬金合わせて60~100万円
・不倫相手に不倫慰謝料の請求をする場合の弁護士費用の相場…着手金が20~30万円、報酬金が獲得金額の10~20%

 

例えば、協議離婚で慰謝料100万円を獲得した場合、報酬金はそれぞれ10~30万円前後になります。ここで注意したいのが、離婚する場合は慰謝料以外にも、財産分与や養育費・親権の問題があるため、獲得できた財産分与の〇%といった報酬金も発生する可能性があります。もちろん、お互いが財産分与で合意できているのであれば、慰謝料だけで交渉を依頼することもできますので、把握しておくと良いでしょう。

 

弁護士費用を少しでも安く済ませたいのであれば、解決に素早く導いてもらえそうな「早い段階で依頼すること」や「交渉で決着をつけること」が大切になってきます。

協議離婚よりも離婚裁判のほうが金額の相場が高いうえに、裁判は1日や2日で終わるわけではありませんので、弁護士が出廷すればその分日当も交通費もかかってきてしまいます。そのため、交渉で決着をつけることも安く抑えるポイントなるようです。

もちろん離婚調停が不成立に終わったからといって、訴訟を申し立てなければならないわけでもありませんので、その後弁護士を介して協議離婚するのもありみたいですね。

更に日当と同様に、工夫次第で抑えられるのが弁護士の交通費です。調停を依頼するのであれば、調停を行う家庭裁判所から近い事務所に依頼するのも一つの方法のようです。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!