離婚向けて別居をする手順や、注意点

離婚自体は、夫婦お互いの同意があれば、すぐにでも可能です。

ここでの別居は、婚姻関係にある上で、住む場所を相手と分けたい場合の別居についてです。

別居を考えている以上、相手となんらかの折り合いが悪く、今後の進退を考えている時でしょう。

離婚を進めるために、別居している人もいれば、離婚望んでいても相手が同意してくれないため、別居をしている人もいるのではないでしょうか。

残念ながら、法律的な離婚事由になる別居期間は明確に決まっていません。

しかし、目安にできる期間はあります。それらを見ていきましょう。

不貞行為や暴力はないものの、夫婦喧嘩はある・性格の違いから離婚したい場合で、相手が離婚に同意してくれない場合は、裁判を起こしたとしても離婚を勝ち取れるとは限りません。裁判を起こすためには、以下の民法770条にあてはまることが必要になってくるため、裁判を起こすことすらできないかもしれません。

第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

別居により、第三者から見て夫婦関係が破綻していると判断がされることがあれば、婚姻を継続しがたい重大な事由にあてはまってきます。そのため、客観的にみて夫婦関係が破綻していると判断されれば法的に離婚することが可能です。

その別居期間がだいたい5〜10年間となるようです。

離婚となる原因を作った側の人を、有責配偶者といいます。原則的に、有責配偶者からの離婚請求は認められていません。また、夫婦の子どもが未成年である場合や、離婚することでパートナーが経済的に困ってしまう可能性がある場合などの状況であれば、なおさらです。

ただ、別居が長期化し同居期間より長くなったり、子どもが独立し経済的にも落ち着いている状況、更に婚姻関係の回復見込みが一切ないなどの条件が揃えば、離婚請求が認められる場合もあるようです。その別居期間がだいたい10〜20年といわれています。

離婚を見据えて別居する際、不法行為にならないように注意しましょう。

・同居義務違反=パートナーに別居を告げずに勝手に出ていくこと

DVやモラハラなど、危険な状態にさらされている場合を除き、無断で家を出ていき別居する行為は、民法770条の「悪意の遺棄」として不法行為になる可能性があります。

もし、悪意の遺棄と認められてしまった場合、あなたが離婚理由を作った側とされてしまう可能性が高まります。

その上、状況によっては有責配偶者と認められてしまうかもしれませんし、更に慰謝料を請求される可能性もあります。

DVなどの一刻を争うようなケースでない限り、別居することや離婚したいことをしっかり伝えることが重要です。

もし、相手がまったく話し合いに応じる様子がない場合や、話にならない状況であればメールなどの文章で伝えるようにしましょう

話し合いに応じる様子がない状況の証拠や、話にならない状況(メッセージアプリでのやり取りのスクショや、録音など)を保存しておくことも場合によっては、その後のやり取りで重要になってくるかもしれません。

・別居期間中の異性との交際は慎重に行う必要がある

別居中は、あくまで別居です。婚姻関係は継続していることを念頭においてください。

もちろん気持ちの面では、離婚を希望しているのであれば、好きな人が出来る場合もあるでしょう。そのような場合、「別居前から不倫していたのでは?」と思われないことが重要です。法的離婚事由に、不貞行為というものがありますが、これは婚姻関係以外の相手と肉体関係をもったことをいいます。そのため、不倫がイコールとして不貞行為と捉えられるわけではありませんが、もし裁判になった場合、心証が良くない場合が出てくるかもしれません。

また、不貞行為として、証拠を掴まれてしまうと、離婚理由を作った側として、有咳配偶者にされてしまう可能性もありえます。

また、別居中の生活費として、婚姻費用の分担があります。

夫婦にはお互いの生活レベルが同じくらいになるように助け合わねばならないという生活保護義務があります。そのため、稼ぎのある配偶者は結婚生活でかかる費用を収入額に応じて、分担する義務があります。
これは、残念ながら、夫の暴力から逃れるために別の場所で暮らしている場合や、夫が不倫相手と暮らすために家を出て行った場合でも適用されます。

そのため、別居中に夫から生活費をもらえない状況であれば、妻は今までの生活を維持するための生活費を払うように請求することが可能です。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!