離婚時に、年金の手続きって必要なの?

離婚するときに、様々なこと調べ、パートナー同士で話し合い、どうしていくのか決定していきます。その中でも、見落としてはいけないのが年金分割です。年金分割とは『過去に納めてきた年金の記録を分割するもの』です。もらう金額を分割するものではありません。

分割といっても、すべての年金を分割できるわけではなく、会社員や公務員が納めている『厚生年金』の部分のみになります。

まずは、この厚生年金とはどのような年金なのか、年金の構造からみていきましょう。

年金は3階構造になっています。

1階が国民年金、2階が厚生年金、3階が企業年金と簡単でいいので、捉えておきましょう。

この1階部分の国民年金は、全ての人が納めているものになります。

では、専業主婦の分の国民年金はどうなのか、というと、厚生年金加入者全体で支え、納めるような仕組みになっています。

厚生年金は、会社員や公務員が納めているものと伝えました。そのため、自営業の場合は、これは納めていません。

今回の場合、厚生年金の分割を説明するので、わかりやすいように男性側が会社員や公務員(夫)、女性側が専業主婦(妻)という形で説明します。

夫は妻が生活を支えることで働く事ができ、厚生年金(と国民年金)を納めることができています。しかし、妻は専業主婦のため、国民年金しか納めていません。

この状態で離婚してしまうと、妻が将来もらえる年金は少なくなってしまいます。

『夫が納めた厚生年金は、夫婦の協力の上でなりたっているものだ』という考えのもと、夫が納めた『厚生年金』を分割するのが年金分割です。

最初にも話した通り、将来もらえる年金を分割するのではなく、『夫が今まで納めた厚生年金の記録を分割する』ということです。

 

また、3階部分にあたる『企業年金』や『退職給付』などは分割の対象外になりますので、注意しましょう。

年金分割は、離婚した日から2年間となります。離婚した日も離婚の仕方によって違う場合があるので、調べておきましょう。

分割になるケース

それでは、どのような夫婦の場合、どのような分割になるのか、見ていきましょう。

会社員同士でも、納付額が違えば、受け取れる金額も違ってきます。そのような場合は、同じ金額を受け取れるように、納付額の記録の分割を行うことが出来ます。

また、会社員と専業主婦の場合は、先ほど説明したとおりです。女性が会社員、男性側が専業主夫をしていたら、女性の納付から分割がされます。

難しいのは、自営業と会社員の場合でしょう。

もちろん年金分割は可能なのですが、例えば夫が自営業で年収1000万円、妻が会社員で年収400万円だったとしても、厚生年金を支払っているのは、妻なので、妻から夫へ厚生年金の納付記録を分割することになります。

年金分割ができないのは、夫婦どちらも厚生年金を支払っていない場合です。

夫が自営業、妻が専業主婦(もしくは扶養内パート)、その反対であっても、厚生年金を納めてない以上、年金分割を行うことはできません。

実際に年金分間の種類は、2種類あります。

「3号分割」というものと「合意分割」というものです。これは、制度の変更により変わった分割方法のため、両方該当する人もいれば、片方のみの場合もあります。

知っておいていただきたいのは、

「3号分割」は請求者一人で強制的に手続きができる

「合意分割」は夫婦の同意が必要で手続きも2人で行う必要がある

という点です。

3号分割が新しくできた制度で、『平成20年4月以降の納付分』が対象になります。平成20年4月移行の結婚であれば、分割方法は、3号分割のみになるということです。

3号分割の手続きは、離婚後に年金事務所にいって手続きをするのみです。

第3号被保険者つまり専業主婦や扶養内パートの方から請求することが条件になります。

夫婦の合意も必要ありませんので、片方が『年金分割したくない』と言っていたとしても、一人で年金事務所に行き、手続きを済ませることができます。

『平成20年4月以降の納付分』以前の分割をするには、下記で説明する『合意分割』を行う必要があります。

合意分割は、名前の通り夫婦の合意が必要になります。

  1. 年金事務所にいき、『情報通知書』をもらう
  2. 分割の割合について夫婦で相談する
  3. 離婚後、2人で年金事務所にいって手続きをする

情報通知書には『分割する割合の範囲(〇%~〇%の間で分割)』が示されています。この割合というのは夫婦ごとに異なるようです。

もし、分割割合について、一向に合意に至らない場合には『調停』や『裁判』などの法的な手続きに進む必要が出てくるでしょう。早期解決のためにも、弁護士への依頼も検討してみてください。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!