離婚時の公正証書の作成方法とその手順

離婚を調べると、公正証書を作成しておくといいと書かれていることが多いと思います。

公正証書とは、公正役場の公証人が法律に則って作成する公文書です。

公文書には高い証明力があるうえ、通常の合意文書よりも強制力が強いのです。

例えばですが、もし元パートナーが、公正証書に記載された金額を支払わなかったとしても、取り決められている金額を回収することができます(相手に支払い能力がない場合は困難)。

約束した養育費を相手が任意で払ってくれない場合には、裁判を起こすのが通常です。しかし公正証書があれば、裁判所からの判決を待たなくても、相手の財産をいきなり差し止めることができます。公正証書があれば裁判所の判決と同じ効果があるということです。

そのため相手が支払いの約束を破った場合には、裁判費用や手間をかけずに回収することが出来ます。

離婚時における公正証書の作成手順

夫婦で話し合って離婚の内容を決め、離婚協議書を作成し、その離婚協議書を公正証書にするという流れになります。

公正証書の作成には、事前予約が必要で、原則として、夫婦一緒に公証役場に行く必要があります。

一般的に記載される内容が以下になります。

  1. 離婚を合意した事実
  2. 慰謝料(一方が有責である場合)
  3. 財産分与
  4. 婚姻費用(離婚前に別居期間がある場合)
  5. 親権者の指定
  6. 養育費
  7. 子どもの面会交流
  8. 年金分割

財産分与に関しては、どのような財産が分配されるのか記載しましょう。

「財産分与対象の財産」「財産分与として譲り渡すもの」「財産分与の支払期限」「財産分与の支払回数」これらが記載されているとよいでしょう。

婚姻費用とは、夫婦が婚姻生活を継続するために双方が負担すべき費用です。

これから離婚するのに、婚姻費用とは?と思うかもしれませんが、離婚前に一定期間の別居期間があった場合などに適用されるようです。別居期間中でも、夫婦間では平等な生活レベルが保障されなければならないため、夫は妻(妻のほうが収入があれば妻から夫)に対し、ある程度の支援(費用負担)をする必要があります。

そのため、本来支払われるべきであった婚姻費用を求めることができます。

「婚姻費用の相手負担額」「支払期限・方法」は記載しましょう。

子どもがいる場合は、親権者を決めておかないと離婚ができません。

子どもの名前と、それぞれの生まれた順番がわかるように(長男・長女・次男・次女など)記載します。養育方針なども記載しておくとわかりやすいでしょう。

その上で養育費に関しても記載しくおきましょう。

この費用には、衣食住のための費用・教育費・医療費・娯楽費・交通費など、子どもが自立するまでにかかる全ての費用が含まれます。

養育費については以下の項目を記載すると良いでしょう。

  • 養育費支払いの有無(以下は支払う場合のみ)
  • 養育費の金額
  • 養育費の支払期間
  • 養育費の支払方法

子どもの面会交流を求める場合は、以下の項目を記載すると良いでしょう。

  • 面会の頻度
  • 面会の日時
  • 1回あたりの面会時間
  • 面会の方法と取り決め

年金分割とは、婚姻期間中に納めた年金は夫婦共同で納めたものとして、将来の年金分配を行おうとするものです。

離婚時に年金分配を取り決めたのであれば、この項目についても記載しておきましょう。

公正証書を作成する際に必要な書類としては、以下の通りです。

  1. 夫婦それぞれの印鑑登録証明書
  2. 運転免許証又は住民基本台帳カード(顔写真入り)
  3. 夫婦の戸籍謄本(全部事項証明)
  4. 離婚事実の記載された戸籍謄本(離婚届を提出済みの場合)
  5. 届出済証明書類
  6. 財産分与の対象財産を特定するための資料(財産分与がある場合)
    1:不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明、ローン関係資料
    2:自動車の車検証
  7. 年金手帳及び年金分割のための情報通知書(年金分割関係の条項を設ける場合)

公正証書作成の費用は、目的価額というものによって定められています。ここでの目的価額とは「その行為によって得られる請求側の利益」のことを指すようです。

例えば、

目的価額100万円以下…手数料5000円

となります。

公正証書の作成にあたっては公証人との面談が必要になりますが、こちらは夫婦の一方が行くだけで問題ありません。

その際は、公証人が合意内容に従って公正証書の原案を作成し、後日二人で公正証書の原案の内容を確認します。

その際は、印鑑・実印(印鑑登録証明書を提出した場合)・認印(運転免許証の写しを提出した場合)などを持っていきましょう。

手数料については、作成当日に現金払いというケースが多いようです。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!