夫の浮気を疑った時に頼むのは、弁護士?それとも探偵?vol.1

探偵も弁護士も、どちらも離婚や不倫、浮気に関係する専門家です。夫の浮気を疑った時、どちらに頼むべきでしょうか。ここでは、探偵と弁護士の業務内容の違いや関係性、相談できる内容について詳しくご紹介します。

探偵と弁護士 それぞれを一言で説明すると・・・

①探偵は、「証拠」「行方」をつかむプロ

探偵の仕事は、浮気の「証拠」や調査対象となる夫の「行方」を掴むことです。例えば、夫の行方を追ったり、不倫相手と一緒にラブホテルへ入るところを捉えた写真を撮ったりします。しかし、法的な手続きをすることはできません。また、不倫の証拠を調査対象に突きつけて不倫を認めさせたり、損害賠償請求したりする権利もありません。

②弁護士は、証拠をもとに法的な措置を取る専門家

証拠を元に、損害賠償請求などの法的措置をとることが弁護士の仕事です。依頼主となる妻の代理人として不倫相手と交渉したり、離婚裁判に出廷したりできます。これは弁護士のみができることです。

探偵の仕事と依頼するメリット

①探偵の仕事とは…

浮気や不倫、人探しなどの調査です。依頼主となる妻から得た情報をもとに調査計画を立て、独自の方法で調査を行います。ターゲットを尾行したり、妻と調査対象となる夫の共通の知人に話を聞いたりして調査をしていきます。
盗聴器やGPSなどの使用については、適法の範囲内で調査が行われます。

②探偵に依頼するメリット

・法的に有効な浮気調揃えてくれる査の証拠をつかめる
不倫の証拠として、不倫相手と一緒にラブホテルに出入りする写真や、不倫相手の自宅に夜に入り朝に出てくるところを捉えた写真などが必要です。探偵は法も熟知しているため、法的証拠となる撮り方で写真を撮ります。これらの証拠写真は数多く必要となるため、調査対象に顔を知られている人物(妻や身内 友人など)では、なかなか尾行ができないのが現実です。
調査が夫に知られてしまうと証拠をつかみづらくなります。また、家の中に集めた証拠を置いておいて、尾行が知られてしまう可能性もあります。証拠の保管も含め、探偵に依頼することをおすすめします。

・短期間で証拠を揃えてくれる

探偵は、必要なだけ人数を用意し、車やバイク、GPSなどを利用して、速やかに証拠を入手できます。依頼主から得た情報を元に、プロならではの経験と知識で、できるだけ早く調査が終わるように計画を立てます。

・調査後に弁護士を紹介してもらえる

探偵は法的な措置を取ることができません。そのため弁護士と提携している場合もあり、調査完了後に離婚や不倫問題に詳しい弁護士を紹介してもらえることもあります。普段から連携をしているため、別の弁護士に依頼するよりもスムーズに次のステップへ進めることができます。一刻も早く離婚がしたい場合や、または夫の不倫をやめさせたい場合は、提携している弁護士に依頼するとよりスピーディーに進めることができます。

弁護士の仕事と依頼するメリット

①弁護士の仕事とは…

法のプロとして、法的知識をもって法的措置をとったり、依頼者の代理人として出廷したりします。また、依頼者の利益を最優先に考え、不当な判決を受けないように弁護し、検察官や相手の弁護士と論争を繰り広げます。過去の判例を挙げて求刑の不当性を指摘するなど対応力も求められます。
不倫問題においては、法的知識をもって依頼主が受けた損害に応じた慰謝料を請求できるようにサポートしたり、交渉を有利に進めたりします。

②探偵に依頼するメリット

・損害賠償請求などの手続きをサポートできる

不倫が発覚した場合は、不倫相手に損害賠償請求したり、離婚を申し入れたりします。素人にはわからない手続きを弁護士にすべて一任できるため、手続きのミスやトラブルを未然に防げます。

・交渉を有利に進めてもらえる

離婚調停では、離婚するかしないか、財産分与や年金分割の方法、親権や養育費の支払いに関することなどを話し合います。弁護士に依頼すれば、このような交渉の場はすべて代理人として出席してもらうことができ、依頼者の心理的負担が随分軽減されます。また交渉を有利に進めてもらえます。

・代理人としてサポートしてもらえる

弁護士は、依頼主の代理人として不倫相手との連絡をとることができだけではなく、離婚調停の際には、依頼主に付き添って調停に参加し、意見を代弁してくれます。さらに、調停申し立て所の作成や各種手続きなどもすべて代行できます。

・浮気問題による精神的な負担を軽減できる

離婚は、早ければ「離婚届」を提出するだけですが、財産分与やをれに伴う様々な手続きなど、想像以上にやらなければならないことがあります。不倫によって精神的なダメージを受けた場合は、離婚調停や協議離婚などで冷静な判断ができなくなる場合もあります。弁護士に依頼すれば、手続きや交渉の代理人になってくれるため、精神的な負担を軽減でき、冷静に判断できるようになります。

まとめ

探偵、弁護士ともに不倫や浮気に関するプロです。証拠をつかみたい場合は探偵に。法的措置についての相談や相手との交渉には弁護士に依頼をしましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!