未成年の子どもがいる方必見!離婚と親権

未成年の子どもがいる場合、離婚でもめるのが「親権」です。どちらも親権が取りたい場合は、離婚協議や調停で揉め、裁判離婚へとなるケースも少なくありません。裁判所の司法統計データによると、親権を取るのは約9割が母親です。しかし、父親だからと言って親権が取れないわけではありません。
ここでは、まず「親権」とは何なのか?についてお伝えします。

そもそも親権とは…

「親権」とは、未成年の子どもに対する親の責任や義務のことで、離婚後、子どもと一緒に住む権利ではありません。もちろん親権は、婚姻中にも当然あり、父親と母親が共同で行います(民法818条3項)。そして離婚後は、親権者をどちらかに決めなければ離婚できません(民法819条1項、2項参照)。
離婚届の親権欄に親権者の名前が記入されていない限り、離婚は成立しません。

[民法より]
(親権者)
第八百十八条 成年に達しない子は、父母の親権に服する。
2 子が養子であるときは、養親の親権に服する。
3 親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。 (離婚又は認知の場合の親権者)
第八百十九条 父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。
2 裁判上の離婚の場合には、裁判所は、父母の一方を親権者と定める。
3 子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う。ただし、子の出生後に、父母の協議で、父を親権者と定めることができる。
4 父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。
5 第一項、第三項又は前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。
6 子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。

身上監護権

親権には、「身上監護権」と「財産管理権」のふたつがあります。それぞれをわかりやすく解説します。

身上監護権とは、未成年の子どもの身体的、精神的に成長するために、監督・養育を行う権利のことで、子どもの監護や養育を行う権利のことです。
下記にわかりやすくまとめました。

・監護及び教育の権利義務・・・民法第820条 親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。
・居所の指定・・・民法第821条 子は、親権を行う者が指定した場所に、その居所を定めなければならない。
・懲戒・しつけ・・・民法第822条 親権を行う者は、第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる。
・職業の許可・・・民法第823条 子は、親権を行う者の許可を得なければ、職業を営むことができない。

財産管利権

財産管理権(ざいさんかんりけん)とは、未成年の子の財産を管理したり、その財産に関する法律行為を子に代わって行う権利のことです。たとえば、未成年の子供がスマートフォンの契約で親権者からの同意を求められることがありますが、これも財産管理権に基づいています。また、子どもが、親権者(法定代理人)の同意なく何かを売買するなどした場合、原則として親権者はその行為を取り消したり、追認したりすることができます。

親権から監護権だけ分離されるときも

「身上監護権」は「監護権」とも呼ばれています。子供の近くにいて、子供の世話や教育をする親の権利・義務のことです、この権利・義務は、原則として親権者が行使し、負担することとなります。
なお、法律上は親権者と監護権者を分離することは可能です。
しかし、円滑な子育ての観点から、親権者と監護権者の分離には慎重考える必要があります。
下記をよく考える必要があります。
•分離するメリットはあるか
•子が混乱したり、葛藤を生じさせないか
•安易に妥協をしていないか
•考えたくないから先延ばしでないか

親権者を決める基本的な条件

夫婦の間で話し合いがついている場合は、特に条件などはありません。どちらかが「引き取る」ことを決め、それで話し合いがつけば決定します。しかし、両者とも親権を主張しているときは、調停で決めます。それでも決まらない場合は「裁判」で決めてもらうことになります。

まとめ

親権とは、「身上監護権」とがあり、身上監護権は子どもの監督保護、養育を行います。財産管理権は、子どもの財産を管理し、法律行為を代行することができます。親権の中から、「財産管理権」のみ分離することもできます。
離婚後の子どもの生活、幸せを第一に考えて、どちらが親権を取るのかをしっかりと考えましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!