離婚を切り出すベストタイミング

離婚したい!と思っても、相手がいることです。
できるだけ良い条件で離婚するためのタイミングについてお伝えします。

配偶者に不貞行為があったとき

不貞行為とは、夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係をもつ貞操義務違反のことをいいます。民法770条1項1号に規定されており、法定離婚事由となっています。
つまり法で定められた離婚理由なので、不貞行為があった場合は離婚できますが、あくまで「肉体関係を持つこと」という貞操義務違反があった場合であることに注意が必要です。

悪意の遺棄

悪意の遺棄と書くととても分かりにくいのですが、同居することや婚姻生活への協力を拒むことを言います。
民法770条1項2号に規定されるもので、法定離婚事由(法的な離婚理由)となっています。そもそも民法では、「夫婦は同居し、互いに協力、扶助し合わなければならない」という規定を設けています。(民法 第752条)つまり、夫婦になった以上は、一緒に住まなければならない、同居の義務が発生します。協力し合わなければならない(協力義務)、そして助け合わなければならない(扶助義務)という三つの義務があります。
「生活費を渡さない」「正当な理由のない別居」「健康なのに働こうとしない」という行為も、協力の義務、扶助の義務に違反するものであり、悪意の遺棄として離婚事由となります。

婚姻を継続しがたい重要な事由があったとき

これは民法770条1項5号に規定されるものです。夫婦関係の回復が不可能なほど破綻しているとき、裁判所がその事情を個別に検討して離婚を判断します。非常に幅広い解釈することができます。離婚理由のトップ「性格の不一致」もこの離婚原因の中に含まれます。主な婚姻を継続しがたい重大な事由は例えば下記のものがあります。
①暴力・侮辱・虐待
暴力は、婚姻関係を破綻させることは誰の目にも明らかです。裁判所自体もこれに関しては極めて厳しい姿勢を取っており、事実として立証することができれば、ほとんどの場合において離婚可能な離婚原因です。これは身体的な暴力だけではなく、精神的な暴力(モラハラ)も規定内に入ります。しかし、家庭内での出来事なので、目撃者などがおらず、客観的な判断がされにくいのも事実です。暴力の場合は病院に行き診断書をとっておく、侮辱・暴言の場合はボイスレコーダーに録音するなどの証拠を揃えておくとよいでしょう。

②性生活
性生活に関する問題も、場合によっては離婚原因になります。長期の性交渉の拒絶も「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められる可能性があります。セックスレスを発端として夫婦関係にズレが生じ結果的に日常生活が上手くいかなくなったなど複合的に判断され、離婚原因として認められることもあり得ます。
また、家庭内レイプもこれに当たります。相手が嫌がっているのに異常なプレイ(SMプレイ、性交渉の写真を撮るなど)を強要し、それを継続的に行っているようであれば「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められることもあるでしょう。前提として、あくまでも配偶者のどちらか一方が“不満”を抱いていることがあります。
夫婦のあり方は十人十色であり、セックスレスや傍から見れば異常に見えることがあったとしても、夫婦同士が納得しているのであれば問題となることはありません。
③浪費癖・ギャンブル
極度の浪費癖・ギャンブル、それに伴う多額の借金などがあります。これも度を越していることが客観的に判断できるように、買い物・ギャンブルの頻度や投じた金額、借金の額を明確にしておく必要があります。

配偶者が退職する時

熟年離婚が増えてきています。「今更なにを?」と相手に真剣に取り合ってもらえなかったり、周りからもいろいろ言われたりすると思います。しかし離婚のタイミングはそれぞれです。ひとによってケースで異なるため、周りに振り回されることなく、また将来のことも考えて適切なタイミングで切り出しましょう。
熟年離婚の場合は配偶者の退職がひとつのきっかけになります。
離婚を切り出した側からすれば、退職金によって自身の慰謝料や財産分与を確保することができます。配偶者の退職時期に合わせ、事前に離婚したい気持ちを伝えることは珍しくありません。

まとめ

離婚を切り出すタイミング
①心身に危害を受けている場合は、即刻離婚を決意し、離婚を切り出しましょう。
②退職金は、使った後では遡って財産分与されることはありません。定年はひとつのタイミングになります。
③不貞行為など、明らかに相手に非がある時。不貞行為の相手に対して慰謝料を請求することもできます。
④耐え難い考え方のズレがある時。浪費やギャンブル、借金癖は「証拠」を残しておきましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!