すぐ怒る夫への対処法

皆さまの旦那様は些細なことでイライラしたりすぐに怒ったりしませんか?
世の中には、すぐにキレる夫にうんざりする妻も少なくありません。
些細なことで怒られていては、自分も落ち着けませんし、イライラしてしまいますよね。何より些細なことで怒る夫は子供にとって良い影響を与えるとは言えません。
今回の記事では、夫が怒る原因や心理、対処法、うんざりしてもう離婚したいと思ったときに知っておくべきことを紹介していきます。

すぐ怒る夫の原因・心理3選

すぐ怒る夫にうんざりしているときは、まずは旦那がすぐキレる原因や心理について考えてみましょう。旦那が怒りを見せる原因や心理を知ることで対処法が見えてくるかもしれません。

・プライドが高い&常に自分が正しいと思い込んでいる
・仕事などのストレスが溜まっている
・あなたをコントロールしたいという欲求が強い

旦那がすぐ怒る場合、旦那のプライドの高さが原因になっている可能性が高いです。
自分の判断力や知識に絶対的に自信を持っており、他人より自分が正しいと思っているタイプの旦那はこの場合がほとんどです。
このような旦那の場合はプライドを傷つけられたり、相手の方が正しいが認めたくなかったりするとキレます。
自分が正しく優れている、そして他人は正しいと認めたくないという心理になっているんです。
人間は仕事などのストレスや疲れが溜まっていて怒りっぽくなっている場合もあります。ストレスが溜まっていないときはキレることなく流せることでも、ストレスが溜まっている状態だと怒ってしまうことは誰にでもあるでしょう。
旦那が転職、昇進したり転勤したりしていませんか。あるいは副業をしたりと仕事の状況が変わっていないでしょうか。
もちろん家庭や友人関係でストレスが溜まっている可能性もあります。意外と男性は繊細なケースがあるので、何か大きく変わったことがなかったか、振り返ってみましょう。
すぐキレる旦那は怒りによって妻をコントロールしたい心理があります。
自分が怒れば妻は自分の要望を叶えてくれる、自分の望む通りに妻が動くと思っているパターンです。
夫が怒るたびに自分の意見をまげていませんか?
過去に自分が怒ることで要求が通った経験をしてしまうと、度々怒った態度で要求を通そうとして来る場合があります。
どんどんエスカレートする可能性があり、身体的な暴力に発展する可能性もあるでしょう。
精神的DVに該当する可能性があるので、何を言われてどのように怒ったか記録を残しておくことをおすすめします。
また、気持ちが繊細であったり、小心さを隠していたりするケースもあるでしょう。
たとえば家族の前では横柄なのに、外に出ると小心さや気の弱さを見せることはありませんか。
もしかしたら、横柄に振る舞うことで舐められたくないと思っているのかもしれません。

すぐ怒る夫にうんざりしている場合の対処法

すぐ怒る夫への対処法は、旦那がキレる理由や心理によって変わってきますので、適切な対処法をとることが重要です。
すぐ怒る夫にうんざりしている場合の対処法は4つあります。

・アンガーマネジメントを活用する
・友人や家族・専門機関などに相談する
・心療内科・精神科への受診を検討する
・別居や離婚を検討する

この4つについて紹介していきます。
まず、アンガーマネジメントとは「怒りと付き合うトレーニング」のことです。
怒りをコントロールできずに周囲も気にせず怒鳴ってしまう人が怒りのコントロールをできるようにしたり、怒っていいタイミングで怒れず、我慢してストレスが溜まってしまう人などを対象にしています。
すぐに怒る人は自分のキレる感情のコントロールが難しく、周りを委縮させてしまいます。
また、自分自身も後から「どうして自分はすぐ怒るのだろう」と落ち込むケースがあるのです。
アンガーマネジメントで怒りの原因が見つかり対処法も理解できれば、もしかしたらすぐ怒る夫にうんざりすることもなくなるかもしれません。
すぐ怒る旦那の怒りを分析し、夫婦で怒りとの上手な付き合い方を見つけるためにアンガーマネジメントを試してみましょう。
アンガーマネジメントは次のような流れで行います。

・怒りのタイプ診断を行い、何に対して怒るのか原因を見つける
・怒りを外部に出さないようにする
・怒りを外部に出さない代わりに、自分の怒りの原因を口で冷静に説明する

アンガーマネジメントにより怒りを言葉で表す術などを学ぶことが対処法になります。また、アンガーマネジメントを上手く活用すれば、旦那の怒る原因や心理を理解することにもつながるはずです。
旦那が些細なことで怒ることを気にしている場合などは、まずはアンガーマネジメントを試してみてください。

友人や家族・専門機関などに相談する

すぐ怒る夫にうんざりしている場合、友人や家族、専門機関などに相談する対処法もありますね。
自分から見ると怒ってばかりの夫でも、客観的にみると怒って当然のケースもあるかも知れません。
第三者の意見を聞くことで、今まで見えてこなかった対処法や解決策が見つかる場合もあります。
また、夫の怒り方が度を越している場合、精神的につらい場合はDV相談に対応している専門の機関にすぐに相談することをおすすめします。
専門機関には内閣府の「一般社団法人 社会的包摂サポートセンター」などがあります。
すぐ怒る夫にうんざりして今後離婚を検討するのであれば、専門機関へ相談したことがモラハラやDVなどの証拠にもなるので、まずは専門家にすぐ怒る夫にうんざりしていることを話してみてください。

心療内科・精神科への受診を検討する

すぐ怒る夫にうんざりしており、精神的に疲れてしまった場合は心療内科や精神科の受診を検討してみてはいかがでしょう。
心療内科や精神科の専門家に旦那が怒るときの状況や様子を話すことでキレる原因や心理を正しく理解し、上手な接し方について教えてもらうこともできます。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!