離婚を決めた瞬間6選

3組に1組が離婚する現代、遅かれ早かれ誰もが離婚する可能性を秘めていますが、離婚しようかなと考えた程度ではすぐに離婚しようなどとは考えないはずです。では、離婚を実行に移そうと思った理由や瞬間はなんだったのでしょうか?
今回の記事ではそんな離婚を決意した瞬間を紹介します。

離婚を決意した瞬間6選

・相手に多額の借金があった時
・生理的に受け付けなくなった時
・些細な事で喧嘩する事が多くなった時
・どちらか一方の経済的負担が多くなった時
・不倫や浮気をされた時
・協力し合う関係が築けなくなった時

まず、パートナーに多額の借金があると判明したときは離婚を決意する方は多いようです。
人生に大きな影響を及ぼす借金は、浮気よりも借金の方が重いと考える人は多く、「即離婚」という事態になりやすいものです。
妻から夫へ、また夫から妻への感情の変化が起き、同じ屋根の下にいるのも無理という状態になるケースがあります。理由は人によって様々ですが、「家にいるのが耐えられない」「一緒に寝るのが嫌になった」「会話をしたくない」「つまらない話に付き合いたくない」など、嫌いとか許せないというようなレベルの話ではなく、存在が嫌になったとき、離婚を決意することでしょう。
また、些細な事でも相手を許せないとき、離婚を決意するようになります。何か頼みごとをしていたのにやってくれていなかった場合や家事を忘れていたなど、ちょっとした事がきっかけで全てが気に入らなくなったりして怒りを覚える時があります。これが積み重なり、相手を許せなくなってしまうのです。
夫婦のどちらかに経済的に負担がかかる事が多くなると、結婚生活の崩壊につながる事があります。
どちらかが極端に収入が低いのに生活費が折半であったりするなど。
生活を維持するには経済面の安定は必須項目ですから、そこに不安があれば、離婚を考えるきっかけになってしまいます。
不倫などをされて傷つかない人はいませんよね。精神的に裏切られたと感じて信頼は2度とできない可能性もありますし、生理的嫌悪感を感じる場合もあるでしょう。
裏切られた側は、その瞬間に離婚を決意するといった事は大いに考えられます。
精神面で、どの程度お互いを支えあっているのかは、夫婦生活においては案外重要なポイントです。
男性の多くはあまり喋りたがる方ではありません。
仕事から帰って来たときに妻の話し相手をする事に苦痛を感じる場合もあります。
一方で妻は話し相手が帰ってきたとまくしたてがち。
ここの感情の差を埋められずにストレスがたまる場合は要注意ですし、ほかにも家庭における色々な悩み、育児などついて、夫婦のどちらかが悩んでいるような場合にフォローができないと、離婚を決意する瞬間は訪れるでしょう。

相手が離婚したい理由が分からない場合

多くの場合、お互いに離婚したい理由ははっきりしている場合が大半ですし、はっきりしていなくてもなんとなくわかる場合が多いものです。
ですがまれにどうして離婚を切り出したのか全く分からない場合があるのです。
そんな場合、次の行動を起こしてみるのが良いかと思います。

・探偵や浮気調査会社に相談してみる
・離婚問題に詳しい弁護士に相談してみる

どうして離婚を切り出したのか全く分からない場合、一番最初に疑うべきはやはり「浮気」でしょう。
もしかしたら浮気ではないかもしれませんが、浮気の事実があるかないか、それを判断するだけでも意味があります。
何よりもそのもやもやした気持ちを無くすには有効な手段かと思います。
浮気調査をする場合は事前に浮気調査の相場料金や費用を抑えるためのコツについても調べておくといいかもしれません。
離婚問題に詳しい弁護士に相談してみるのも良いかも知れません。
離婚の兆候がなかったのに、いきなり「離婚したい」と言われた場合など、離婚問題に長年携わる弁護士なら様々なケースの過去の事例を知っています。
あなたやあなたの周りの人間では全く検討のつかない場合でも、弁護士なら心あたりや似た事例を紹介してくれる可能性が高いでしょう。
弁護士というとハードルが高いイメージがありますが、初回の来所相談なら無料の事務所も多いので、一度相談をしてみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
離婚を積極的にしたいという方は稀かとおもいますが、しなくてはいけない状況になるのが離婚です。
できれば離婚はしたくないかと思いますが、そうなってしまった場合、後悔のない離婚の準備をしていただければと思います。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!