LINEで離婚相談

新型コロナウイルスの流行によりステイホームが推奨される現代で、法律相談も事務所に赴くのではなくLINEで済ませたいという方もいることでしょう。

ただし、現在LINEで法律相談を受け付けている法律事務所はそこまで多くはなく、LINE法律相談の先駆けとして話題になった「LINE弁護士相談」は残念ながら2021年4月にサービス終了となっています。現実的な問題として、LINE相談を受け付けている窓口を探すのは骨が折れることでしょう

今回の記事では、LINEで離婚相談を受け付けている窓口の紹介や、LINEで相談する際の流れを解説していきます

LINEで離婚相談できる法律事務所はあるの?
LINE相談が可能な法律事務所については数が限られていることが現状です。

コロナの感染拡大によってオンラインサービスの需要は高まっていますから、今後LINE相談可能の事務所も増えていくかもしれません。

離婚問題に関する悩みを相談することで、離婚の慰謝料の目安や養育費の目安などを知ることができるかもしれません。「離婚したいけれど、何から始めればいいの?」という初歩的な問題にも対応可能です。まずは、弁護士に相談することからはじめましょう。

LINEで相談できる内容

以下のような問題は、弁護士からアドバイスをもらった方が良いでしょう。

・離婚方法
・DV・モラハラ
・国際離婚
・財産分与
・養育費
・親権
・男女問題

離婚をする際は離婚方法から暴力やお金の問題など、考えておかなくてはならないポイントが多くあります。

離婚方法

日本では以下4つの離婚方法があります。

・協議離婚
・調停離婚
・審判離婚
・裁判離婚

協議離婚が最も一般的な離婚方法ですが、あなたのケースではどの離婚方法が適切なのか、相談してアドバイスを受けると良いでしょう。

協議離婚

・協議離婚はあなたと離婚相手(配偶者)の当事者間で話し合い、離婚を目指す方法
・お互いが合意した上で離婚届を提出すれば成立するため比較的手軽な離婚方法

相手と冷静に話し合える関係性を維持しており、親権など特に争う問題がない方であれば、協議離婚で解決できるでしょう。

調停離婚

・離婚協議がまとまらなかった場合に利用する離婚方法
・家庭裁判所に調停を申し立てる
・調停委員が中立の立場で双方の主張を聞き、離婚の条件などを調整するなどして離婚成立を目指す

審判離婚

・離婚調停において話がまとまらない場合に、裁判所が離婚の判断を下すことで成立させる離婚方法
・現在ほとんど使われていない方法

裁判離婚

・裁判手続きによって離婚を成立させる方法
・離婚協議、離婚調停でもまとまらない場合に利用する

弁護士にLINEで離婚相談する方法

弁護士にLINE相談する方法は『友だち追加する』だけです。
その後『友だち追加する』をクリックすると当該法律事務所があなたのLINEの『友だち』に追加されて、チャット上でやり取りを行えるようになります。その後の対応は各事務所のアナウンスに従ってください。

LINEでの相談はまだあまり普及していないのが現状で、対応している法律事務所は一部に限られています。電話やメールであれば対応している法律事務所は複数ありますし、探偵事務所やNPO法人、行政の窓口などでも相談可能です。

なおメールやzoomなどを活用したオンライン法律相談を受け付けている法律事務所は多数あるようですね。
こちらを利用するのも手でしょう。
今のあなたに必要なのは具体的なアドバイスなのか、それとも精神的ケアなのか、ご自身で考えたうえで適切な相談先を選んでください。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!