不倫相手との別れ方~別れた後の注意点~

前回の記事の続きです

いよいよ別れの段階です。

・彼氏が別れに応じない場合
・あなたの決心がぐらつくケース
・誰にも知られずに別れたい場合

の3つのケースに分けて見ていきましょう。

①彼氏が別れに応じない場合

これは彼氏が嫌ってくれないケースですね。嫌われなければ基本的に別れにはなかなか応じてはくれないことでしょう。
この場合には、彼氏に迷惑になる行為を行うことで別れ話がスムーズに進みます。
具体的には不倫相手の奥様に「あなたの夫と不倫をしています」と匿名の怪文書などを送りつけてみる方法です。

そして、別れ話では、不倫相手の奥様に不倫関係をバラしたときっぱり別れを伝えましょう。
彼氏は憤慨するかもしれませんが、不倫相手の男性は、奥様との離婚の意思がないなら、あなたと別れるしか選択の余地がないのです。

ただ、不倫相手があなただと奥様にバレないように注意が必要です。
怪文書を送ると共に別れ話を切り出し、その後は何があっても絶対に二度と会わないことです。
そうしないと、不審に感じた奥様は探偵などを使って夫の不倫相手を突き止めようとするでしょう。
もしもあなただと気がついた場合には、慰謝料を請求される恐れがあります。

②あなたの決心がぐらつくケース

嫌われる行動があなたにはどうしても辛くてできないケースでは不倫相手と手を切ることがほぼ不可能になってしまいます。
嫌な女に徹することができない場合には、あなたの気持ちからも彼氏を追い出す方法が適しています。
このケースの場合には、今すぐに別れるのではなく、徐々に距離を置いていく方法が効果的です。
男性の目的はあなたの身体です。肉体関係を拒否し、あなたから連絡していない段階で男性は、あなたから気持ちが遠のきつつあるはずです。

会う頻度と連絡頻度を下げることで、あなたの中でも少しずつ彼氏の存在が薄くなっていくでしょう。
荒療治として、こっそり相手のプライベートな生活を覗いてみる方法もあります。
あなたの入る隙間はないのだと認識することで、あなたの別れたいモチベーションを維持できるかもしれません。

③誰にも知られずに別れたい場合

奥様に知らせることもせずに、自分も嫌われることなく、美しい別れを求めている場合には、ただ単に、不倫相手の男性の気持ちが冷めるまで待てばいいだけです。
肉体関係を拒否しているため、間違いなく男性はすぐにあなたに冷めてくることでしょう。

ただ、危険なことは、あなたにセックスを無理強いしてみたり、昔の楽しかった思い出だけであなたにつきまとうストーカーになるケースです。
思い込みが激しい男性の場合には、よくあることです。
こうなってしまった場合には、信頼できる弁護士や警察に相談することをおすすめします。
犯罪に発展するよりも自分の身を守る方が先決です。

不倫の代償はいつかは払うものです。
不倫に美しい別れなどは期待できないのだと理解しましょう。

最後に

別れた後の注意点として

・二度と2人きりでは会わない
・連絡は絶対にしない
・不倫の事実は誰にも話さない
・連絡が来ても無視すること
・可能なら携帯電話の番号を変えるなどの連絡手段を断つ

以上の5点は厳守するようにしましょう。

不倫相手からの連絡は完全に無視した上であなたからも決して連絡をしてはいけません。

不倫相手との別れ方には、あなたの強い決意が必要です。不倫はいつばれるかわからず、不倫の事実によって慰謝料が請求される可能性も大いにあります。

慰謝料請求される前に別れるようにしましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!