保護命令とは

保護命令(ほごめいれい)とは、配偶者または同棲している交際相手から身体に対する暴力又は生命等に対する脅迫を受けた場合、被害者の申立てにより裁判所が加害者(相手方)に発する命令のこと。
相手が自分や子供・親族に接近しないように制限する接近禁止命令、退去命令、電話等禁止命令があります。

裁判所による保護命令の発令によって、「また暴力をふるわれるのではないか…」「子供を連れ去られてしまうのではないか」という不安や恐怖から解放されます。

さらに、保護命令に違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。
ですので、保護命令が発令されていることで、相手が接近してきた場合や付きまとわれた場合に警察の協力を得やすくなるだけではなく、違反したときに懲役または罰金などの罰則を科せれる可能性があります。

保護命令を申立てるためには、警察または配偶者暴力相談支援センタ-で、DVについて相談しておく必要があります。
この記事では、保護命令についての基礎知識と申立てから発令までの方法についてまとめました。配偶者の暴力や脅迫から解放されるための参考にしてみてください。

保護命令の種類

接近禁止命令

相手方に対し、6ヶ月間、被害者などの身辺をつきまとったり、住居、勤務先など被害者などが通常居る場所の近くをはいかいしたりすることを禁止するもので、被害者と同居する未成年の子や、被害者の親族などについても申し立てすることができます。
この命令では『半径何メートル以内に近寄ってはいけない』などという明確な距離は定められていません。

退去命令

相手方に対し、2ヶ月間住居から退去するように命じ、及び退去した住居付近のはいかいを禁止するもの。
相手を家から退去させる命令で、家の周辺のうろつきも禁止しています。2ヶ月経てば相手が家に戻ってきますので、それまでに今後の住居を探さなくてはいけません。
少し条件が厳しくなりますが、延長する方法もあります。

電話等禁止命令

相手方に対し、接近禁止命令と併せて、次に揚げるいずれの行為もしてはならないと命ずるもの。

行動の監視に関することを告げることなど
著しく粗野・乱暴な言動をすること
無言電話・連続しての電話、FAX、メール(緊急やむを得ない場合を除く)
夜間(午後10時~午前6時)の電話、FAX、メール(緊急やむを得ない場合を除く)
汚物・動物の死体等の著しく不快、又は嫌悪感の情を催させるものの送付など
名誉を害する事項を告げることなど
性的しゅう恥心を害する

期間は接近禁止命令と同じ6ヶ月間になります。接近禁止命令後にストーカーのように付きまといをされたり、メールなどで接触をはかってくる可能性は低くありません。

そのため、接近禁止命令を申請する場合は電話等禁止命令も一緒に申請することをおすすめします。

子への接近禁止命令

子への接近禁止命令は、子供に接触し危害をあたえたり連れさったりして申立て人に会わせなくするなどのことから子供を守るための命令です。

親族等への接近禁止命令

この命令は、相手が申立て人の親族等の身辺のうろつきや住居・勤務先付近の徘徊を禁止しています。
これは、相手が住居に押し掛け、粗野または乱暴な言動を行い、申立て人が相手と会わなくてはいけない状況に追い込まれることの防止が目的です。

ここでいう『親族等』には親族の他に申立人が社会生活をする上で密接な関わりを持っている人(友人・会社関係の人など)も含まれます。
配偶者が親族や友人の家、会社へ押しかけることが不安な人は、早い段階で申し立てを行いましょう。

保護命令は一方の行動が制限されるため、本当に発令する必要があるか裁判所は慎重に判断しなければなりません。そのため、手続きに法的な知識も必要になります。今すぐ保護命令を出して、生活の安全を確保したい人は、まず離婚問題が得意な弁護士に無料相談してみましょう。

まとめ

保護命令は自分や子供・親族を守るだけでなく、命令が出ていないときより警察に協力してもらいやすくなります。それにより、身体的・精神的なストレスが大幅に減少するでしょう。

DVにより大きなけがや精神的な病気になる前に早めの保護命令申立てと離婚をおすすめします。離婚をする際は離婚問題の解決に注力している弁護士に相談すると自分で行うよりスムーズに進めることが可能です。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!