国際離婚の相談ができる相談機関

国際離婚とは、当事者の一方が外国人である場合あるいは当事者の双方が日本人であっても外国に居住していたり、夫婦の財産が海外にあるなどの要素を含んだ離婚のことをいいます。
国際離婚は、どの国の法律に従って離婚の効力を判断するかという準拠法の問題など、検討すべき問題が多く、専門的な知識を必要とする対応の難しい分野です。

ここではそんな悩ましい問題が多い国際離婚について、日本人・外国人それぞれの方に合わせた相談機関を紹介していきます。

国際離婚の相談ができる主な相談機関

では、さっそく国際離婚の相談ができる場所をご紹介していきましょう。

・国際離婚に詳しい弁護士事務所
・法テラス
・NPO法人国際結婚協会
・社会福祉法人 日本国際社会事業団
・弁護士会法律相談センター・外国人相談

まずは、国際離婚に詳しい弁護士事務所ですね。
ご自身でインターネットを使い国際離婚に注力する弁護士を探すと良いでしょう。
弁護士事務所のホームページにはこれまでの実績や対応したことのある国が記載されている場合が多いです。

法テラスとは、国が設立した法律相談をするための入口となる相談機関です。
国際離婚問題はもちろんのこと法律全般の相談ができるのが特徴です。イメージとしては法テラスが全てを解決するのではなく、解決のために必要な専門機関の紹介を行う場所とお考えください。
法テラスサポートダイヤルにお電話するか、お近くの法テラスに問い合わせることで相談することができます。

国際結婚協会では、国際離婚についての相談を無料で行っています。もちろん国際結婚の専門家にお話することができます。安心して相談できることでしょう。

過去の相談例としては、国際離婚の手続きを教えてほしい、離婚に必要な書類と提出方法が知りたい、結婚相手が日本にいない場合の離婚手順を教えてほしいなどがあります。

日本国際社会事業団では国際離婚の手続きに加え、配偶者とその子どもが国境を隔てて外国に暮らす場合でも離婚相談を行うことができます。

国際離婚では一方の親が無断で子どもを連れて帰国してしまうケースもあります。日本国際社会事業団は、国境を越えることで生じる福祉問題に柔軟に対応してくれますので、このような緊急時にも力を貸してくれることでしょう。
在日外国人の方が相談できるところ

東京英語いのちの電話は英語で相談ができる機関です。はじめに電話で問い合わせを行い、そこでカウンセリングの予約をとりましょう。

結婚や離婚、子どもの相談などどんなことでも相談できます。カウンセリング料は50分22,000円(税込)です。事前にカウンセリングで相談したい内容をまとめておきましょう。

弁護士会法律相談センター・外国人相談は、在留資格や国際結婚など、日本にお住まいの外国人の方のための相談を取り扱う法律相談センターです。

外国人のための国際離婚や在留資格・帰化や国籍についての相談ができます。ホームページには、丁寧にふりがながふってありますので、日本語が得意ではない方でもわかりやすいでしょう。

料金は30分5,500円(税込)です。超過した場合は15分につき2,750円(税込)がかかりますのでご注意ください。

まとめ

国際離婚に関する相談ができる場所について紹介しました。
国際結婚は案外経験者が多いです。
相談できる場所はいくらでもありますので1人で悩まず、この中からご自身に合った場所を見つけて相談してください。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!