夫婦別姓にするメリットは?

最近、ニュースなどで取り上げられるようになった「選択的夫婦別姓」。
結婚をする場合には、男性もしくは女性のどちらか一方が姓(氏)を変えなければいけないと民法で定められています。

しかし、女性の社会進出や多様な在り方を望むカップルの増加などの、現代の潮流により夫婦別姓を求める声が高まっています。

夫婦別姓の大きなメリットは、氏の変更手続きをしなくて済み、手間が省けるという点ですが、その他にも社会で働いている場合は別姓の方が楽になることもあります。

この記事では、夫婦別姓にした場合のメリットをまとめました。夫婦別姓にするか、同姓にするか選択する場合の参考にしてください。

夫婦別姓にするメリット

夫婦別姓にすることで氏の変更をしなくて済むという大きなメリット以外にもさまざまなメリットがあります。ここでは、夫婦別姓にした場合のメリットについてまとめました。

・氏の変更手続きをする必要性がなくなる
・名前に積み上げられた実績を崩す必要がない
・男女平等を意識できる
・プライバシーが守られる
・旧姓のままでいられる

まずは、姓変更に伴う各種手続きが不要な点ですね。
姓が変わると、住民票・健康保険証・印鑑登録・運転免許証・銀行口座・クレジットカードなどのデータベースに登録している名前をすべて変更しなければなりません
これらの手続きを1つずつ別々に変更して行くのはとても面倒くさいし時間もかかって手間ですよね。

しかも、氏を変更するのは大半が女性。結婚は2人のことなのに、女性だけが多くの負担を強いられることになってしまうのが現状です。
姓を変更した方だけが負担するので夫婦生活のスタートから不公平感が生まれてしまいます。

また、結婚・離婚により氏を変更することでどうしても目立ってしまいます。話題にされたくない方にとっては苦痛でしょう。
しかし、夫婦別姓にすることで、氏の変更手続きをする必要がなくなり、手間を省くことが可能で、一方だけが負担を強いられることがなくなります。

夫婦別姓には、旧姓で積み上げてきたものを崩す必要がないというメリットもあります。
人によって異なりますが、苗字が変わってしまうことで今まで積み上げてきた仕事の実績がなくなってしまうという場合もあります。
フリーランスや作家、学者などの研究者は、自分の名前が屋号となっていることもあるので、名前の変更はサラリーマンよりも大きなデメリットになり得ます。
サラリーマンの人も氏の変更をした場合、サインや書類の作成者が同じ人だと思われず混乱し、余計なトラブルに発展する可能性があります。

夫婦別姓になれば、自分の大切な苗字を変える必要はありません。苗字を変えることで、「妻として夫を支えないといけない」といった思い込みがなくなり、男女平等をより強く認識できます。
「女性が苗字を変えるのは当たり前」という考え方は、今の世の中では前時代的で「女性を下に見ている」とも捉えられます。
夫婦別姓によって好きな姓を選ぶことができれば、自らの尊厳を守れるのはもちろん、男女間における不平等感の解消の他、人格権の保護というメリットも得られます。

結婚はおめでたいことですが、婚姻関係に関する情報を第三者に知られたくないという方も少なくありません。夫婦別姓であればそのままの苗字で暮らすことができ、こちらから話さない限りプライバシーが守られます。そのため、プライバシーを侵害されていると感じる人や、結婚がばれたくないなどの人は夫婦別姓を選ぶケースが多いです。

旧姓のままでいられる事自体もメリットでしょう。生まれて結婚するまで旧姓で生活していますので、急に氏を変更することに対し違和感や嫌悪感を持つ人もいます。

氏はある意味、両親や実家とのつながりになりますので、いくら好きな人の氏になるといっても捨てがたいと感じる人もいます。また、もともと周囲の人が旧姓をニックネームにして呼んでいる場合は、愛着から氏を変更したくないと思う人もいるでしょう。

弁護士へのよくある質問として、相手方配偶者のことは『好き』だけど、苗字は『嫌い』というケース。どうしても嫌いな苗字になりたくないなんて方の相談もなかにはあるそうです。

まとめ

メリットが多い夫婦別姓。現在別姓でも結婚を可能にする制度、選択的夫婦別氏制度の導入が検討されています。

『同姓にしなくてはいけない』ことが原因で、結婚をためらっていた人も結婚しやすくなるのではないでしょうか。

次の記事では、夫婦別姓のデメリットについてご紹介します。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!