離婚したいと思ってすぐに離婚してしまう時のデメリット

元々他人同士であった男女が結婚し共に生活していくうえで、お互いに我慢することや妥協することが時には必要です。
しかし、どうしても耐え切れない相手の言動などが積み重なり離婚したい気持ちが爆発してしまうケースもあるでしょう。離婚したいと思って離婚後の生活や離婚方法を調べた経験があるかたもいるかもしれません。

この記事では、相手の性格別にオススメする離婚の伝え方、そして具体的な離婚の手順を紹介します。

離婚を思い立ってすぐに離婚してしまう時のデメリット

結婚している男女は日常生活の些細なことが積み重なり、ときには離婚したいと思うのかもしれません。
今まで我慢してきたからと、一気に勢いで離婚してしまうのもひとつの手ですが、離婚に伴うデメリットについても知っておくことも良いでしょう。

離婚のデメリットは、
・金銭的な不安
・心身の負担
の2点です。

金銭的な不安

離婚するということは、一人で生活していかなければいけないことを意味します。あなたが専業主婦である場合、仕事に就けないと収入が激減もしくは一時的に全くなくなる可能性があり危険です。

また、仕事に就いていないと部屋を借りることが難しくもなります。
頼れる実家がある場合は当面住む場所には困りませんが、そうでなければお金も家もないという苦しい状況に陥る可能性が高いでしょう。
男性の場合は、生活する上で妻が行っていたサポートを自身でする必要があり、離婚にあたって慰謝料や養育費の支払いが必要となるなど、結婚生活中以上に金銭的な負担が増す可能性が高まります。

心身の負担

離婚に関する条件を合意するための話し合いは、夫婦それぞれに言い分があり平行線をたどることも多く、お互いに疲弊し子供や両家の親族も巻き込んだ揉め事になる可能性も十分にあります。
その対応に追われるストレスは心身共に負担はかなり大きいのです。

また、先程金銭的な不安について述べましたが、離婚すると生活レベルが下がる方が大半です。結婚生活のほうがよかったなと後悔してもあとの祭りであるため、離婚前にそのような心身の負担に耐え切れるのかしっかりと考えるといいでしょう。

離婚したいと相手に効果的に伝える方法

あなたの別れたいという意志を伝え、なるべく条件の良い離婚をするためには、離婚の伝え方が重要です。

伝え方次第では離婚話がスムーズにいかない可能性もあります。
相手の性格に合わせて戦略を練ることがおすすめでしょう。
大前提として、あなたが離婚に伴う事柄と離婚後の生活に対する準備をぬかりなく行っておくことが必要です。
以下の相手の性格別の具体的な戦略を紹介します。

協調性があり穏やかな性格の場合
神経質で真面目な性格の場合
わがままな言動をする場合

協調性があり穏やかな性格の場合

このタイプが相手の場合は時間をかけて何度か話し合いを行うことがポイントです。
その際は絶対に感情的にならず、冷静に話をしていきましょう。
相手は「納得感」を重視している可能性が高いので、話し合いをする際はこの離婚がお互いにとって最善の選択であるという点を強調しましょう。

神経質で真面目な性格の場合

神経質で真面目な相手であれば、逆に相手があなたと離婚したいと思うように仕向けるのも手です。
普段より生活をだらしないものにすることや、相手が不真面目だと考える言動を意識的に行うこともいいでしょう。
相手にとってストレスとなることが続くと、あなたとの生活が耐えられなくなり、状況によっては相手から離婚を切り出してくる可能性もあります。

マイペースな生活をしている場合

マイペースで周りに左右されないような生活を送っている人は、言い換えれば自己中心的な特徴が強いということでしょう。相手の生活習慣になっているルーティーンに対して、あなたが新しくルールを設けて行動パターンを変えてしまうといいでしょう。

またあれこれとあるごとに細かい命令や指示を繰り返すことで、相手はペースが狂いイライラしてくるかもしれません。そうなるとあなたとの生活をこのまま続けたくなくなる可能性が高まるはずです。

プライドが高い場合

一般的にプライドが高い人は、気が強く勝ち気な性格をしていると考えられます。このタイプの相手には離婚の伝え方に注意を払いましょう。
このようなケースでは、相手からあなたに対して「お前なんて出て行け!」と言わせるように仕向けることが最善でしょう。

普段からあまり喋らない場合

日頃からあまり自分のことを話さない寡黙で多くを語らないタイプであるなら、ストレートにあなたの気持ちを伝えるとよいでしょう。
あなたの言葉からも行動からも離婚の意志とその本気度合いが伝わり相手はあなたに向き合わないといけなくなるでしょう。

まとめ

本気で離婚を考えている場合、あなたの配偶者のタイプを把握したうえで離婚準備や手続きを進めていくことが有効です。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!