セックスレスは離婚の理由になる?

夫婦生活では「夜の営み」がとても大切。セックスレスは離婚につながる大きな原因になります。
セックスレスが長期化すると、子作りについて意見が衝突したり、性欲を発散するために浮気・不倫に走ったりなど、別の夫婦間トラブルに発展し、より重大な離婚理由になってしまいます。

一見は円満な夫婦も、「異性として見れなくなった」、「子どもが生まれたら所帯じみてしまった」などの理由でセックスレスになり、急速に離婚へ進むこともあります。

また、子供がほしい人にとっては、より深刻な問題ですよね。

この記事では、セックスレスを理由に離婚したい場合に知っておくべきことを解説していきます。

セックスレスを理由に離婚できる?

はじめに「セックスレスを理由に離婚できるかどうか」を解説します。
夫婦なのに性交渉を拒否されれば、離婚を思い立つきっかけとしては十分。

協議離婚や離婚調停は、お互いの合意により離婚する、しないが決まります。そのため、お互いが合意しているのであれば、セックスレスが理由でも離婚することは可能です。

しかし、離婚裁判になった場合は、セックスレスでは離婚が認められないケースの方が多いでしょう。裁判の場合、離婚理由が『法定離婚事由』に該当しなければいけません。

『法定離婚事由』は以下の通りです。

・配偶者に不貞な行為があったとき。
・配偶者から悪意で遺棄されたとき。
・配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

(引用:民法第770条)

セックスレスは、『婚姻を継続し難い重大な事由』といえる場合に限り離婚が認められます。例えば、子供をつくることを前提に結婚したのに、夫が性交不能を隠していたケースや、結婚した後に性交が一切なく、改善の努力も見られないケースです。

ただ、配偶者が離婚を求めると、離婚までの流れは「離婚協議→離婚調停→離婚訴訟」の順に進みますが、セックスレスしか理由がないと、他方が反対しているときには離婚できないおそれがあります。

ご自身の状況でも離婚できるか知りたい場合は、弁護士に相談してみましょう。

協議離婚が成立したら、将来もめごとを残さないよう、離婚協議書を作り、合意内容を書面に残すのが重要。
離婚理由となったセックスレスについて配偶者が責任を認め、一定の慰謝料を払うと約束するときは、将来支払いがなされない事態に備えて、離婚協議書を公正証書にする方法を検討してください。

セックスレスで離婚する場合に集めるべき証拠

裁判で離婚を認めてもらうには、セックスレスが悪質であるものだという証拠がどの程度あるかがポイントです。
セックスレスを理由に離婚する際にはどんな証拠が必要なのでしょうか?

以下では、裁判離婚を目指す際に有効な証拠をいくつかご紹介してまいります。

・日記、避妊具の購入明細、カウンセリング資料など
・性交渉がなくなった時期がわかるような夫婦間のメールなど
・性交渉がないことについて夫婦間で協議した、または協議しようとしたことがわかる資料
・性交渉がないことにより精神的苦痛を被っていることが分かる資料
・風俗店やアダルトビデオなどを利用して性欲を満たしていることが分かる資料

これらの証拠があれば、セックスレスが悪質であることの証明につながるかもしれません。

セックスレスが悪質と判断されれば、慰謝料請求が認められる可能性もあります。また、一般的な相場以上になることも考えられるでしょう。

まとめ

裁判離婚では、セックスレスが「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に当たるかどうかがまず問題となります。

裁判でセックスレスを理由に離婚をする場合は、集めた証拠で「その他婚姻を継続し難い重大な事由」を証明できるかがポイントです。

いずれの離婚形態で離婚するにせよ、セックスレスは夫婦にとって非常に難しい問題でありますので、泥沼化する前に弁護士へ相談することをお勧めいたします。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!