円満に婚約破棄するためのポイント

せっかく婚約までしたのに、相手への違和感が日を追って強くなることもあります。
婚約破棄したいと思うケースは様々ですが、相手の暴力や不貞行為があったなど正当な理由がある場合には、基本的にいつでも婚約破棄をすることができます。

しかし、性格の不一致や漠然とした不安など正当な理由がないまま、婚約破棄したいと思っている場合は注意が必要です。

正当な理由のない一方的な婚約破棄は不法行為に該当する可能性がありますし、別れた後もストーカー行為をされるなどのトラブルに発展しかねません。

婚約破棄は深刻なトラブルに発展する可能性もあるのです。今回は、円満にできるだけ穏便に婚約破棄に至るための手順を紹介しましょう。

できるだけ円満に婚約破棄するためのポイント

・婚約破棄の理由をできるだけ客観的に説明する
・相手と話し合いをする時間を十分に取る
・話し合いが難航する場合は弁護士を同伴する
・婚約破棄の切り出し方を工夫する

婚約破棄の理由をできるだけ客観的に説明する

婚約はあくまでも結婚の約束にすぎないので、離婚とは異なり、一方的に破棄することもできます。
しかし、それでは相手が納得できないでしょうし、後々に深刻なトラブルに発展することもあるでしょう。

まずは、いきなり婚約破棄を切り出すのではなく、自分の抱えている不満を相手にできるだけ客観的に伝えましょう。

よく話し合った結果、どうしても折り合いがつかないと判断すれば、婚約破棄も仕方なかったことと納得できるからです。

なお、このとき、暴言にならないように気をつけましょう。場合によっては婚約破棄する際の金銭を全部請求される可能性があります。

相手と話し合いをする時間を十分に取る

婚約破棄を正式に相手に告げる前に、話し合いの時間を取りましょう。相手にも言い分があるかもしれませんし、話し合いで解決する問題もあります。

相手との価値観の相違や、考え方の違いを婚約破棄の理由としたい場合、相手も話し合うことで「この人との結婚生活は難しいかも」と思い、お互い合意のうえで婚約破棄ができる可能性もあります。

話し合いが難航する場合は弁護士を同伴する

話し合いを重ねても婚約破棄に同意してもらえない場合、弁護士を話し合いの席に呼ぶ方法があります。特に、婚約者が結婚に執着している場合や、慰謝料の支払いなどで同意が得られない場合、弁護士から法律に沿った提案をしてもらうことで、解決の糸口がつかめるかもしれません。

今は、婚約破棄の案件が得意な弁護士も簡単に探せる時代ですので、利用してみるのもいいでしょう。

婚約破棄の切り出し方を工夫する

婚約破棄の切り出し方を工夫することも重要でしょう。

毎日ラブラブな雰囲気だったのに、急に婚約破棄を言い出されるよりも、最近冷めている雰囲気で、会話がギクシャクしていると思っていたところ、婚約破棄を言い出された場合の方が感情的に受け入れやすいと思います。

相手はそれとなく婚約破棄の気持ちの準備ができるからです。
婚約破棄の前には、無理して相手の好意に応えて親密な雰囲気を出すよりも、少し距離を置くくらいがちょうどいいということです。

まとめ

婚約破棄は、一度お互いの感情がこじれてしまうと円満な解決は難しくなります。
婚約破棄は話し合いがなにより大切になってきます。

ですから、自分から婚約破棄を申し出るときは、なぜ、婚約破棄をしたいのか納得できるような理由を考え、説明できるようにしておきましょう。

また、誰かの協力を依頼するなら、親よりも弁護士に相談しましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!