好きな人ができたからという理由で離婚できるのか

前回の記事では、好きな人ができたという理由で離婚するデメリットについて解説しましたが、自分に夫や妻以外に好きな人ができると、離婚してその人と人生を共にしたいと考えるようになります。しかしそう簡単に離婚できるのでしょうか?

今回は実際に好きな人ができたという理由で離婚することができるのか解説していきます。

好きな人ができたら離婚できる?

結婚していても他に好きな人ができてしまうのは仕方のないことといえ、そもそも、『好きな人ができた』といった理由で離婚はできるのでしょうか。

答えから簡潔に述べますと、パートナーの了承がない場合には難しいというのが現実です。

協議離婚は最も一般的な離婚の方法で、夫婦が話し合いを行い、ともに離婚に合意していれば離婚が成立します。

このとき、離婚の原因がなんであっても問題はありません。

つまり、あなたが『他に好きな人ができたから離婚してほしい』と言い、パートナーがそれに納得してさえいれば、あとは離婚届を提出すれば離婚が成立するということです。

こちらでは民法や過去の判例から離婚できるかどうかを解説していきます。

離婚請求はまず当人同士の話し合いからスタートしますが、好きな人と一緒になりたい人側からの離婚は到底承諾できない人がほとんどでしょう。

離婚調停に進んでも話がまとまらない場合は、最終的には離婚裁判へと移行します。

しかし裁判で離婚が認められるためには、法定離婚事由という下の5つの離婚事由に該当する必要があります。

・配偶者に不貞な行為があったとき
・配偶者から悪意で遺棄されたとき
・配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

法定離婚事由によると単に「配偶者以外に好きな人ができたから」という理由では、離婚が認められないことを覚えておきましょう。

離婚できるかの判断ポイント

好きな人ができたときに離婚できるかを判断するポイントがあります。次に紹介する項目に該当するかチェックしてみましょう。

・夫婦関係がすでに破綻しているか
・好きな人以外に離婚できる要件があるか
・慰謝料、養育費の支払い能力はあるのか
・子どもと離れる覚悟はあるか
・世間からの風当たりに耐えられるか

夫婦関係がすでに破綻しているかがまず判断の基準となります。
夫婦関係がすでに冷え切っていて破綻している状態なら、離婚を考えても不思議ではありませんよね。

例えば好きな人ができる前から生理的に無理でスキンシップもできなかったり、相手が浮気を繰り返して家に帰ってこない、家庭内別居状態で話をすることもないという状態ですね。
そのような状態なら、たとえ好きな人がいなくても離婚を考えるべきでしょう。

逆にそれなりに上手くやっていたり、家族として仲が良いという場合は、離婚を考え直した方がいいでしょう。
こういった場合は、このまま離婚しても幸せになれない可能性の方が高いです。
離婚を考えるとき、夫婦関係が破綻しているかどうかは重要です。

離婚しても後悔する恐れがあるため、夫婦関係が破綻していない方は離婚に突き進むのは止めましょう。

また、好きな人がいる以外に離婚できる要件があると、離婚が認められやすくなります。具体的には価値観が合わず喧嘩が絶えなかったり、相手が浮気や不倫していたり、自分や子どもに対してDVやモラハラがある場合です。
まずは好きな人のことを一度脇に置いて、夫婦関係の現状によって離婚を判断しましょう。

慰謝料を配偶者から請求されたら支払えるかも、離婚できるかの判断基準です。

また、金銭的な要件という繋がりでいうと、親権を持たない決断をした場合、子どものために養育費を払い続けられるかも判断のポイントです。
養育費は未成年の子どもが生活するのに必要な費用のこと。離婚後も子どもが以前と同じ水準で生活できるよう、親権を持たない方の親は子どもが経済的に自立するまで支払わなければなりません。

離婚して相手に子どもの親権が渡ると、子どもと離れて暮らすことになります。子どもの親権と離婚理由は別で考えられるため、子どもが小さければ小さいほど母親が子どもの親権を持てる可能性は高いです。ですが、たとえ母親であっても、場合によっては親権を取れないことも当然あります。

好きな人さえいればと自ら子供と離れることを決断しても、数年後に好きな気持ちが冷めて「やっぱり子供と暮らしたい」と後悔しても、それは難しいです。

子供と離れる覚悟がない方は、離婚すべきではないでしょう。

世間からの冷たい視線や噂の的になること、直接非難の対象になることに耐えられなければ離婚すべきでありません。
前回も述べた通り、好きな人ができたからという理由で離婚した場合、「略奪愛」と言われたり心無い言葉をかけられることがあります。

世間は不倫や浮気による離婚には寛容でないことがほとんど。直接非難されなくても影で言われる可能性が高いでしょう。

まとめ

配偶者以外に好きな人ができてしまったときは、離婚を切り出す前に、まずは冷静になって好きになってしまった理由や配偶者への気持ち、自分が一番大切にしていることなどをよく考えましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!