好きな人ができたという理由で離婚するデメリット

パートナー以外に好きな人ができてしまい、離婚するかどうか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

一生添い遂げることを誓ったはずなのに、一緒に生活をしてみれば相手の嫌なところが目に入ってしまって、だんだんと愛がなくなってしまうこともよくある話。

また、とくに不満はないけれど、一緒に生活をしていてぜんぜん楽しくないといった人もいるでしょう。

そうなったとき、他の素敵な人に出会ってしまったら心が動いても、それはある意味どうしようもないことかもしれません。
ただ、『好きな人ができた』といった理由で離婚することに、世間の目や自分の倫理観がネックになって躊躇する人もいるでしょう。

今回の記事では、『好きな人ができた』ことを理由に離婚するデメリットや、離婚できるのかどうか、離婚するためにできることについて解説します。

好きな人ができたという理由で離婚するデメリット

『好きな人ができた』といった理由で離婚する場合には、想像できる方も多いでしょうが、デメリットやリスクがあります。

具体的にどういったものがあるのか、ここで確認してみましょう。

慰謝料や養育費などを払う可能性がある
子供の親権が取れない可能性がある
子供が辛い思いをするかもしれない
また離婚する可能性がある
世間から冷たい目で見られる可能性がある

好きな人ができたからという理由で離婚する場合は高額の慰謝料を請求される可能性があります。

パートナー以外に好きな人ができた場合、すでにその人と肉体関係を持っているケースもあるでしょう。そうなった場合、不貞行為を根拠に慰謝料を支払わなければならないということになる可能性が高いです。

慰謝料の相場は100万円〜300万円にもなり、分割などにした場合には、長期に渡って支払わなければならないこともあります。

また、養育費に関しても同様です。養育費とは、未成年の子供が生活するために支払われる費用のことです。
子供がいる場合には親権者側に養育費の支払いもしなければなりません。

離婚後、子供の親権者がパートナーだった場合、あなた自身と同じ水準で子供が生活できる程度を、養育費として支払わなければなりません。
場合によってはあなたの生活を圧迫しかねないでしょう。

離婚する夫婦に子供がいる場合には、夫婦の一方を親権者として決めなければなりません。

不貞行為の有無が親権に直接影響することはないため、『好きな人ができた』ことを理由に離婚する場合、あなたが親権を獲得できない可能性は低いかもしれません

ですが、夫婦のどちらが親権者になるかについてはケースバイケースで、話し合いの場や調停・裁判などで、パートナーに親権が渡る可能性が高いです。

どうしても親権を獲得したい人は一度弁護士に相談するとよいでしょう。

そして、離婚をすることによって、子供が辛い思いをしてしまう可能性があります。例えば親権を持たない側の親と会えなくなってしまったり、転居をしたことによって学校も変わり友達がいなくなってしまった、といったことです。

その影響で、子供の精神面に大きなダメージを与えてしまうことも。
非行に走りがちになったり、引きこもってしまう可能性があるでしょう。

また、離婚してパートナーと別れ、再婚できたから『めでたしめでたし』といったわけではありません。

恋愛をしている場合、その相手しか目に入らないといった人もいるでしょうが、いざ再婚して時間が経っても、永遠にそのパートナーを愛し続けられるという保証はありませんし、再婚して時間が経てば、また新たに好きな人ができてしまうかもしれません。

再婚後、またパートナーへの愛情がなくなってしまうこともあるかもしれませんよね。
何度も離婚する可能性があることについて、十分検討した方がよいでしょう。

好きな人ができて離婚することをよしとしない人ももちろん多くいるでしょう。人によっては『略奪愛』などと言われ槍玉に挙げられ批判されてしまうこともあります。

親戚や友人、近所の人などが、あなたの離婚を機に連絡を絶つということもあるかもしれませんし、連絡を絶たないまでも、接したときの態度がそれまでとは変わってしまうかもしれません。

どちらにせよ、世間から冷たい目で見られることや、ときに批判されることは覚悟しましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!