母子家庭が仕事を探すには

母子家庭では、1人で家計を支えていかないといけないため、多くの人は仕事を探すと思います。
どんな仕事を選べばいいの?どうやって仕事を探せばいいの?他の人は何してるの?と悩むことがあるかと思います。
自身のブランクの長さや、子供がまだ幼く手のかかることなどからどのような仕事でもよいというわけにはいきませんよね。

また、就労条件をよく見ずに就職してしまうと、残業で帰れない日が続いてしまったり、出張が多くて子供と一緒にいることができなくなってしまうかもしれません。

この記事では、母子家庭の方が仕事を探す際に気をつけるべき点について紹介します。仕事を探す際の参考にしてください。

家事・育児をすべて自分で行った上で生活費を稼がなくてはいけないので、『働ければ何でもいい』というわけにはいきません。ここでは、仕事を探すときに押さえておくべきことを紹介します。

・正社員登用制度はあるか
・各種保険は完備されているか
・残業はあるのか
・生活費は賄えるのか
・子供をすぐ迎えに行ける距離なのか
・くるみん・えるぼしマークは取得しているのか
・託児所はあるのか

正社員登用制度はあるか

「正社員登用制度」とは、契約社員やパートなどの雇用形態から正社員へと転換できる制度です。
パートで入社した場合でも、会社の人事評価により将来的には正社員になれる可能性があるということを示しています。

それに伴い、もちろん給与もアップすることもございます。

ただ注意が必要なのは、「正社員登用制度あり」となっていても、全員必ず正社員になれるというわけではないということ。

各種保険は完備されているか

厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険の4つの社会保険が完備されているのかも重要です。
社会保険を完備している会社は「働く人の立場を守ってくれる会社」という一つの指標になります。

残業はあるのか

保育園への迎えやダブルワークのために残業できない人は、こちらについてもチェックが必要です。
残業が多いと、子供を迎えに行けず延長保育に頼ることになります。そうなってしまうと子供に寂しい思いをさせますし、延長保育代の出費もかさむでしょう。

もし、残業がある場合は、残業代の支給があるかどうかも確認しておきましょう。

生活費は賄えるのか

母子家庭になると支援制度などはありますが、基本的には自身の収入だけが頼りです。仕事を探す際は毎月どのくらい収入が必要か明確にしておく必要があります。

離婚前に、家計簿をつけていた場合は、それを参考に1ヶ月の生活費を算出しましょう。

子供をすぐ迎えに行ける距離なのか

子供の預け先から、病気になってしまった・ケガをしてしまったので迎えに来てほしいと連絡が来るかもしれません。父親に頼ることができませんのでそのような場合に、対応できる距離の職場をおすすめします。

くるみん・えるぼしマークは取得しているのか

もし育児に理解が足りない会社に就職してしまうと、学校行事はもちろん子供が急に病気になってしまった場合でも休みを取りづらいかもしれません。

理解とサポートを受け、長く働くことを考えるのであれば「えるぼしマーク」や「くるみんマーク」を取得している企業を探してみましょう。

このマークは、女性の活躍推進や育児サポートの取り組み状況が優良な企業として、厚生労働省より認定を受けていることを意味します。

託児所はあるのか

託児所付きの職場であれば、保育園の心配はいりません。
近年では企業主導型保育事業が広まり始めており、保育園自体を委託運営している企業も増えています。
「保育園に入れないから」と諦めずに、託児所や保育園のある求人を選ぶのもひとつです。

従業員であればほぼ無条件で入園でき、働くママに負担が少ないように考えられたサービス内容となっていることが特長です。

例えば、制服やお布団の持ち帰りなしですべて保育園で洗濯をしてくれる、会社まで子どもを送り迎えしてくれるなど、親の働きやすさを優先させてくれるので大変便利です。

まとめ

応募・面接時に企業の担当者には、子育て中であることは伝えておいた方がよいです。子どもの都合で急に休む場合があるなどの説明をしておけば、会社側も考慮して人員配置を考えてくれるため、お互いにとってよりよい働き方ができるでしょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!