浮気旦那に「離婚したい」を言われたときは

浮気した旦那から離婚したいと言われたとき、妻はどうすればいいでしょうか。
突然「離婚したい」と言われた場合、ショックや怒りで頭がいっぱいになり、どうすべきか悩む人も多いと思います。

浮気した旦那との離婚を簡単に受け入れるのは難しいでしょう。
必ずしも離婚に応じる必要はありませんが、離婚を頑なに拒否するだけでは対応が不十分です。
ポイントは、離婚する・しないに関わらず、簡単に旦那の離婚請求をのまず拒否すること。

拒否すると同時に浮気の証拠を確保することで、離婚しない場合でも離婚する場合でも有利な立場で進められます。

この記事では、離婚や慰謝料で損をしないために、浮気している旦那に離婚したいと言われた場合にすべきことを紹介します。

浮気している旦那に「離婚したい」と言われたときに必ず行うべきこと

浮気している旦那に「離婚したい」と言われた場合、離婚したくない人も離婚を考えている人も

・離婚を拒否する
・別居は避ける
・慰謝料請求するために浮気の証拠を集める
・離婚届を勝手に出されないよう不受理申出をする

以上を必ず行いましょう。

ここでは、それぞれのメリットやどんな意味があるのかについて紹介します。

離婚を拒否する

離婚をしたくない人も、離婚を考えている人もまずは離婚しないことをしっかり伝えましょう。

離婚は、協議離婚、離婚調停、離婚裁判と進みますが、離婚裁判を除き、双方の合意がないと離婚は成立しません。

また、浮気した旦那から裁判を通し離婚を請求された場合、離婚が認容されない可能性が高くなります。

そのため、離婚したくない人は、とにかく拒否し続けましょう。

一方離婚したい人は、離婚を拒否しつつ、旦那の浮気の証拠を集めましょう。証拠が集まり、良い条件で離婚できるようになったタイミングで、離婚する代わりに相応の慰謝料や離婚条件を提示し交渉を行います。

旦那は裁判でも離婚が認められにくい状況のため、離婚するにはあなたの条件をのむ必要があるでしょう。

旦那の離婚したい気持ちが強ければ強いほど、有利な立場で相場以上の慰謝料を獲得できる可能性があるでしょう。

別居は避ける

離婚を切り出されたものの拒否され、家に居づらくなった夫が出て行ってしまうことがあります。
しかし、離婚したくなければ別居は避けた方がいいでしょう。
別居期間が長期にわたると裁判では離婚を認めてしまうためです。

慰謝料請求するために浮気の証拠を集める

旦那の浮気で慰謝料を請求する場合、浮気相手と性的な関係があったことを証明できる証拠を準備しましょう。

さらに、旦那の浮気の証拠を集めるのは、離婚や旦那への慰謝料請求にも役立ちますが、離婚を回避するためにも重要です。

すでにお伝えしたとおり、裁判になった場合、提起した側に離婚原因があることを証明することで離婚を回避できる可能性が高まります。

浮気相手への慰謝料請求により、夫婦関係が元に戻ったというケースも珍しくありません。

慰謝料請求が有利になる証拠は個人で集めるのが難しいため、探偵に依頼しましょう。

離婚届を勝手に出されないよう不受理申出をする

本来、離婚届は夫婦ともに離婚に合意した時に提出するものですが、こちらが離婚を拒否し続けていると、旦那が勝手に離婚届を作成し提出してしまうことがあります。

これを防ぐために「離婚届不受理申出書」を利用しましょう。

子供がいる場合、勝手に離婚届を出されてしまう1番のリスクは「親権」です。離婚届は親権を決める必要がありますが、勝手に作成された場合、相談もなしに親権者が旦那となってしまう可能性があります。

もちろん勝手に離婚届を作成し、提出することは犯罪です。
しかし、面倒なことに、一度受理されてしまうと、調停もしくは訴訟を行わなければ離婚の取消しができません。

また、親権を変更する場合は、離婚の取り下げの後に親権変更の手続きが必要です。

浮気された上に、子供まで奪われる危険性もあります。

勝手に離婚届を出されないためには役所で『離婚届不受理申出』を行いましょう。受理されれば、旦那が1人で離婚届を提出しに来ても受理されません。

一度申し出ておけば、効力は一生続き、妻もしくは妻同伴の旦那でないと受理されなくなります。

まとめ

浮気した旦那から離婚したいと言われた時に妻がとるべき対応についてご紹介しました。一度気持ちの離れた旦那と復縁をするのは相当な時間がかかりますし、精神的な負担は相当なもの。
「これからどうしたらいいのかわからない」という方は、離婚に詳しい弁護士に相談しましょう

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!