風俗通いする夫との離婚はできる?続き

前回の記事の続きです。

前回は、有利な条件で離婚をする手順について紹介しました。

今回は実際に夫の風俗通いを理由に離婚・慰謝料請求できるケースを紹介します。

「不貞行為」に該当するケース

ケースによって異なるのですが、目安としては「法定離婚事由」が認められるためには、配偶者の風俗通いによって「婚姻生活が破綻」した事実が必要と言われています。

まずは、夫が風俗店に行って、実際に女性と「性交渉」をしていたかが問題となります。
女性が接客する店にもいろいろな形態のものがあり、必ずしも「性交渉」を伴うわけではないからです。

たとえば、キャバクラやスナック、クラブ、閲覧専用の性交渉のない風俗店の利用は原則として不貞行為にはなりません。
不貞行為にあたるのは、いわゆる「ソープランド」などの性交渉を前提とする店に通っている場合です。

こういった場所に通っていても、そもそも「不貞行為」に該当しないので、離婚できませんし、慰謝料も請求できません。

配偶者が風俗店に継続的に通って性交渉をしていた「証拠」があれば、「不貞行為」として裁判上の離婚が認められる可能性が高いため、証拠集めが重要になってくるでしょう。

風俗で不貞行為していた証拠がある

次に、夫が風俗店に通って実際に性交渉をしていたとしても、その「証拠」が必要です。
証拠がない場合、夫に対して慰謝料を請求したとしても、夫が否定すればそれ以上追及できなくなる可能性が高いからです。

慰謝料請求をするためには、たとえば、風俗店でもらってきたカードや、風俗店に出入りしていることを示す探偵の調査報告書などを集めておきましょう。

風俗通いで、実際に婚姻関係が破たんした

夫が風俗店に通って別の女性と性関係を持ったとしても、離婚が認められないケースもあります。

離婚が認められるためには、婚姻関係が破たんした原因が夫の風俗店通いであるかどうかも問題となります。

夫の風俗通いの前からすでに夫婦関係が破たんしていたケースでは、夫が風俗に通ったことを理由に慰謝料請求することはできないからです。

配偶者の風俗通いそれ自体は「悪意の遺棄」には該当しませんが、風俗通いが高じて「悪意の遺棄」に該当するケースもあります。

例えば、風俗通いが原因で、夫婦のセックスがなくなった、性病に感染した、風俗が原因で借金を作り、生活が苦しいなどですね。

通常、配偶者が不貞をすると、夫婦関係が壊れるので、離婚原因として認められています。
しかし、風俗の場合、男性は相手の女性に特段の思い入れがあるわけでもなく、単純に一時の性欲を満たすためだけに通っていることが多いです。

相手の名前すら知らないこともあります。そのような気晴らし的な性交渉を1回2回したからといって、それは妻に対する思いとは全く別物とも考えられます。

特定の思い入れのある不倫相手との「不貞」とは性質を異にするものと評価される余地があるわけですね。

そのため、夫の風俗通いの回数が少なく、相手との関係も薄く、本人がしっかり反省していて「もう二度と風俗店にいかない」と誓っているようなケースでは、未だ夫婦関係が破たんしていないとして、離婚も慰謝料請求も認められない可能性があります。

夫に支払い能力がある

慰謝料請求できたとしても、夫に支払い能力がないのであれば、慰謝料を支払ってもらうことはできないでしょう。

風俗通いを続ける人のなかには借金をしてまで通っている人もいるようなので、夫に支払い能力があることも大切になってきます。

まとめ

配偶者の風俗通いを理由に離婚や慰謝料を請求できるかどうかは、夫婦関係や風俗通いの状況等によって異なります。

より良い条件で離婚するためには、配偶者に離婚・慰謝料請求を切り出す前に離婚問題に精通した弁護士に相談してみてください。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!