不倫相手の配偶者から慰謝料請求されたときは?続き

不倫相手の奥さんから慰謝料請求された場合の対処法
ここでは、請求された後の対処法について紹介します。

1:不倫慰謝料の相場と請求されている金額を確認する

次に確認すべきは、不倫慰謝料の相場と請求されている金額です。不倫慰謝料の相場は次の通りです。
この相場とは、過去の裁判例に基づくもので、あくまでも目安です。裁判になれば、上記の相場の中で、不貞行為の頻度や期間、相手の結婚期間などを考慮して、決定されます。

裁判は、裁判官が証拠や証言などから慰謝料の金額を決定しますので、以下のような決着がつくケースもあります。
一方で、相手との交渉段階では別です。双方の交渉で自由に決定することができます。

請求金額だけは自由ですので、あなたに復讐するために高額な慰謝料を請求している人もいれば、減額しても納得のいく慰謝料を支払ってもらうために、高額から請求している人もいるでしょう。

法的に見れば、不貞行為に対して慰謝料を支払う義務はあっても、請求金額に応じる義務はありません。相手が請求している慰謝料があまりに高額なら、相場を提示して減額交渉する方法もあります。

2:自分の支払い限度額を確認する

自分の収支状況から、どの程度であれば支払いが可能かを確認しましょう。

請求されている金額が下回っている場合、減額をするより、その金額でまとめてしまった方が後腐れなく問題を解決できる可能性があります。

3:不倫の慰謝料減額が得意な弁護士に無料相談する

不倫相手の奥さんに減額請求をする前に、必ず弁護士に相談しましょう。

ご自身で奥さんへ返信してしまうと、機嫌を大きく損ねてしまい、減額しにくくなってしまう可能性があるからです。

そのため、奥さんへの返信は最小限にして、できるだけ早く慰謝料減額の得意な弁護士へ相談しましょう。

浮気相手の奥さんからの慰謝料請求を減額、拒否できるケース

不倫の慰謝料は、ここで解説するようなケースでは、減額・回避が認められます。

浮気相手の奥さんからの慰謝料請求については無視するべきではありませんが、いかなる場合でも支払いをしなければいけないというわけではありません。

慰謝料の支払いに応じない旨を回答すべきケースもあります。

肉体関係がない

法律で定められ、明文化されている不貞行為とは、肉体関係のことです。
また、慰謝料を請求するには、第三者が見ても肉体関係を持ったとわかるような客観的な証拠が必須となります。

肉体関係がなかった、食事やデートだけだった、というようなケースであれば、慰謝料を大幅に減額できる可能性があります。

ですので、肉体関係がないのであれば、一貫して否定し続けましょう。

不貞行為の頻度や期間が少ない

不貞行為の頻度や期間によっても、慰謝料は増減します。例えば、不貞行為の頻度や期間が長いほうが、慰謝料も高額になる傾向がありますね。
頻度が少ない、期間が短いなどであれば、それによって減額してもらえる可能性があります。

既婚者と知らず、知らないことに落ち度もなかった

相手が既婚者だと知らなかった・知る余地がなかった場合は、あなたが不貞行為をしていた故意がないため、慰謝料の請求が認められない、あるいは減額される可能性が高いです。

あなたが浮気について慰謝料の支払い義務を負うのは、故意又は過失がある場合に限られています。

故意というのは、簡単に言うと、浮気相手が既婚者であると知っていたことです。

過失というのは、簡単に言うと、あなたに落ち度があり、浮気相手が既婚者であると知らなかったに過ぎない場合です。

例えば、浮気相手が左手の薬指に指輪をしていたのに、結婚しているかどうかを確認しなかったような場合には過失が認められる方向の事情といえます。

相手の婚姻関係が破綻していた

相手の婚姻関係が破綻していた場合、例えば、この夫婦が離婚に向けて別居していたなどのケースでは慰謝料請求を回避できる可能性があります。

浮気により慰謝料が生じるのは、婚姻共同生活の平和が害されるためです。

あなたと浮気をした時点で既に婚姻関係が破綻していたのであれば、浮気により婚姻共同生活の平和が害されることはありません。
そのため、浮気相手と浮気相手の奥さんとの婚姻関係が既に破綻していた場合には、あなたは慰謝料の支払いをする義務はないと判断されます。

消滅時効が完成していた

浮気相手の奥さんからの慰謝料請求を拒否できるケースとして、消滅時効が完成していたというものもあります。

浮気相手の奥さんの慰謝料請求権は、「浮気があったこと」と「あなたが浮気相手であること」を知った時点から3年で時効となります。

また、浮気相手の奥さんが「浮気があったこと」と「あなたが浮気相手であること」を知らなかったとしても、慰謝料請求権は浮気から20年で時効となるんですね。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!