不貞行為をした側でも弁護士に相談できるの?

不貞行為をした側が、弁護士に事態の収拾を依頼するケースは多いです。

既婚者との浮気や不倫を、相手の配偶者に知られてしまったという場合、不貞行為が妻にバレてしまい、弁護士を立て裁判すると言われる、高額な慰謝料を請求されるというような状況になることがあります。

弁護士に依頼しようと考えたとしても、そもそも不貞行為した側が弁護士に依頼することができるのかと疑問が尽きないことと思います。

前提として、不貞行為をした側から配偶者に対して離婚を要求することは難しく、慰謝料を支払わなくてはならないケースもあることを覚悟しておきましょう。

しかし、そんな状況でも何とか少しでも支払う慰謝料額を下げたいという方は、自分の力だけで解決しようとせず、交渉に長けた弁護士のサポートを受けることをおすすめします。
誰からも非難される状況の中、一人でも味方がつくことで、精神的にも楽になれるでしょう。

不貞行為に及んでしまった事実は変えられません。今考えるべきことは、いかにして1日も早く適切な清算をするかです。

この記事では、不貞行為した側が弁護士に依頼することができるのか、依頼した場合に弁護士はどのような活動を行うのか、弁護士費用はどれくらいかかるのかなどについて解説いたします。

不貞行為の慰謝料相場

不貞行為がバレて慰謝料請求されるとしたら、いくらくらいなのでしょうか。

請求される慰謝料は、請求する側が自由に決めることができるので、厳密に断言することはできませんが、これまでの判例などからだいたいの相場は決まっています。

慰謝料の相場は、不貞行為によって離婚したか、不貞行為によって別居したか、そのまま結婚生活を続けているか、などによって変わる傾向があるようです。

・不貞行為が原因で離婚した場合の不倫慰謝料相場:150万~300万円程度
・不貞行為が原因で別居した場合の不倫慰謝料相場:100万~200万円程度
・不貞行為はしたけれど離婚も別居もしていない場合の不倫慰謝料相場:50万~150万円程度

不貞行為をした側に対して弁護士がしてくれること

不貞行為した側についた弁護士は、不利な状況の中でも相手方から譲歩を引き出し、少しでも有利な流れになるように尽力します。
また、相手側との交渉を弁護士に任せた方がトラブルにならずにスムーズに解決できます。そのため、不貞行為をした側であっても弁護士に依頼することをおすすめします。

不貞行為をされた側は感情的になってしまうことが多く、本人同士の話し合いが難航しがちで、なかなか落としどころが見つかりません。また、その結果、相場よりもかなり高額な慰謝料を請求してくることも多々ありますので、やはり弁護士に交渉を依頼した方が賢明だと言えるでしょう。

ここでは、依頼した弁護士はどのようなことをしてくれるのかを具体的に解説します。

請求されている慰謝料が適正価格かどうか判断してくれる

請求された慰謝料が適正な金額であるかどうかを個別の状況から判断してくれます。慰謝料に相場があると言っても、前述したように各夫婦の状況や不倫の状況によって適正な価格は異なってきます。あなたの場合はいくらが適正なのか判断をしてもらいましょう。

慰謝料減額の交渉をしてくれる

もし、相手の提示した不倫慰謝料が適正金額よりも高額な場合、慰謝料減額を交渉する必要があります。また、金額以外にも、和解の条件などを提示された場合、納得のいかないことがあれば話し合いによって内容を調整しなければならないでしょう。

本人同士での話し合いは火に油を注ぐ結果になりかねませんし、相手が法律のプロである弁護士を雇っている場合、自分が有利な交渉をするのは困難です。
弁護士は、本人に代わって相手方との交渉をしてくれるので、自身で直接交渉するよりか精神的負担は軽減されるでしょう。

そんなとき、不貞行為をした側であっても弁護士に依頼しておけば安心して交渉を任せることができるでしょう。不貞行為をした側が弁護士を依頼するうえでの最も大きなメリットと言えるのがこの減額交渉ですね。
場合によっては、収入や資産が少ないこと、深く反省していることなどを示して、慰謝料を減額できる場合もあります。

いくら減額してもらえるのかは弁護士の腕にかかっています。
ですので、弁護士に依頼する際は、不倫問題の解決にどのくらい力を入れているのか、実績はどのくらいあるのか、評判はどうなのかなど、総合的に見て弁護士を選ぶといいでしょう。

まとめ

不貞行為した側は自らに落ち度があることを理由に弁護士がつけられないのではないかと思いがちです。
ですが、実際は事情の有無を問わず弁護士を立てることはできます。自分が不貞行為をしてしまった側だからといって気にする必要はありません。むしろ、少しでも不利な条件を回避できる可能性が高くなるので、弁護士をつけたほうが良いと言えるでしょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!