配偶者の浮気が発覚すると、気が動転して配偶者を問い詰めてしまうことが多いと思います。その気持ちはとてもよく分かります。 しかし、その後のことを考えると,配偶者を問い詰めるよりも先に弁護士に相談する方がお勧めです。なぜ弁護士に相談するべきなのかをご説明します。

証拠の確保につながる

弁護士に相談すべき理由のひとつは,【証拠の確保】がとても重要になる点にあります。配偶者が不貞をしていた事実が証明できると,配偶者の意思によらずに離婚できますし,慰謝料を請求することもできます。

しかし,証拠が不十分な場合には,相手に言い逃れをされたり,不本意な形での離婚を迫られたりといった結果を招きかねません。そこで,現在確保している証拠が証拠として十分なのか、きちんと見極めた上で,その後の方針を立てることがとても重要になります。経験のある弁護士は、過去の事例に基づいて浮気の証拠収集へのアドバイスを行うことが可能です。自分では気づかない方法も知ることができるでしょう。

証拠が不十分な場合には,探偵に依頼するなどして調査を行うことが考えられますが,先に配偶者を問い詰めているような場合には,配偶者も警戒するため,調査を行う上で大きな支障となってしまいます。また,調査能力や費用等の面で信頼できる探偵に依頼するためには,弁護士から紹介を受けるとより安心できると思います。

 

精神的な支えを確保できる

配偶者の浮気という事実を受けて,どのように対応するのかは,人生にとってとても大きな決断になります。 また,自分では修復を望んでいる場合でも,浮気の話合いをした途端,配偶者から離婚を迫られるようなこともあり,自分の意思だけですべてのことを決めることはできません。このような局面では,自分の権利や取りうる手段等を把握した上で,さまざまな場面にどのように対応するのかを想定しておく必要があります。

とはいっても,精神的に追い詰められた状況で,自分一人で冷静に対応することは容易ではありません。弁護士に相談をした上で,弁護士の支援を受けられる体制を整えておくことで,精神的に少しは安定して対応することができると思います。 また、自分の置かれている状況を他人に説明する過程で、自分の頭の中が整理されていき、冷静になることができます。自分の置かれた状況を弁護士に話すことで「客観視」することが可能となります。弁護士は依頼者からの相談に慣れていますので、混乱している頭の中をうまく整理していってくれると思います。

戦略的な方針を立てることができる

経済的に配偶者に頼って生活してきた場合には,配偶者の浮気が発覚しても離婚という選択肢を取りにくいものです。しかし,戦略的に交渉をしていくことで,経済的な不安をある程度払拭できる可能性があります。自分で考えて苦しい選択をする前に,専門家に相談してみることをお勧めします。

浮気の証拠になるものは?

昨今、デジタル化が進み、浮気の証拠はデジタル媒体に残っている場合が多くあります。例えば、性交渉したと明確な証拠を確保することは困難ですが、交渉があったことを疑わせる「電子メール」等がスマートフォンに残っている可能性があります。また、「ETCカード」の記録などもラブホテルや浮気相手の家に通っている証拠となる可能性があります。 また、デジタル媒体以外でも、レストランの領収書、不貞行為のために宿泊したと思われるホテルの領収書等も証拠となりえます。クレジットカードの利用明細を確認することをお勧めします。

どの弁護士に相談したらいいのか?

インターネットで検索すると、たくさんの弁護士事務所がでてきます。どの弁護士に相談すればよいのか、判断するのは難しいですよね。弁護士にも得意分野がありますので,離婚や不倫問題について取扱い実績がありそうな人を選ぶと,経験豊富な弁護士に依頼する可能性が高まります。また,弁護士と相性が合うかどうかも重要です。そのため、いくつか相談に行ってみて,「話しやすい」「相性がよい」と感じられる弁護士に依頼するのがよいでしょう。

弁護士に相談する際にまとめておくこと

弁護士との相談では,まず,浮気が発覚した経緯,浮気の内容,これまでの結婚生活の経緯等を確認されることになると思います。時系列でこれまでの出来事をまとめておくと,相談の時間を有意義に使うことができるでしょう。また,弁護士から具体的な回答を得るために、質問内容を整理しておいた方がよいでしょう。自分がどうしたいのか、それをするためにどういったことを知りたいのか,これからの行動で注意点はあるかなど、疑問点をまとめておきましょう。

まとめ

弁護士事務所に相談に行くということは,一般的には,ハードルが高いことです。しかし,浮気への対応は,その後の人生にも影響を及ぼす一大事ですし,ひとりで抱え込むには大きすぎる問題になることも少なくありません。気持ちを少しでも楽にするために,まずは弁護士に相談してみてください。