このコラムを読まれている方は下記のような悩みを持つかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 ・既婚男性と付き合っていたら突然相手の嫁から不倫慰謝料請求された

 ・妻子持ちの同僚と不倫をしていたら、その妻が会社まできた

 ・慰謝料を求める内容証明が届き困っている

 

これまで不倫に関する相談を数多くお受けする中で、上記のような悩みを抱える方々からの相談が多く寄せられています。 こういった悩みを抱えている方に安心頂けるように本コラムを執筆致します。

不倫慰謝料請求された場合に「どういったことが必要か」が分かり、しっかりと準備をして最善の結果が得られるようになればと思います。

1,まずは,慰謝料が法律上認められるのか判断する必要があります

慰謝料請求が法律上認められるには,(1)慰謝料請求が認められる要件を充たす状況であったことと(2)証拠があることが必要になります。

(1)慰謝料請求の要件について

①不貞行為があったこと

不貞行為とは,具体的には,肉体関係にあったことを指します。ただし,長期間,多数回にわたって食事等を繰り返していたことに関して慰謝料が認められたケースがありますので,注意が必要です。

 

②夫婦関係が破綻していないこと

慰謝料が発生する理由は,不倫関係が婚姻関係に悪影響を与え,不倫相手の配偶者に対して精神的な苦痛を与える点にあります。夫婦関係が破綻していた場合には,そもそも保護すべき婚姻関係がないことになりますので,慰謝料の請求は認められません。

ただし,裁判では家庭内別居では破綻と認められないことが多いですし,別居していた,離婚調停をしていた等の事情があっても破綻とは言えないと判断されている事例があります。

 

③交際相手が既婚者であると知っていたこと,知らなかったことに過失があること

婚姻関係があったことを知らず,知らないことに過失もないといえる場合には,慰謝料を支払う義務はありません。また,交際相手が騙して交際をしていた場合には,交際相手に対する慰謝料請求が認められるケースもあります。

(2)証拠について

ホテルに出入りしている写真,肉体関係があったことがわかるLINEのやりとりなどが証拠となることが多いです。証拠の内容によっては,裁判で不貞関係が認めれないことも十分に考えられますが,請求してきた人が証拠を持っているのかどうか判断することは容易ではありません。

そのため,証拠になりうるものがあるのか慎重に判断する必要があります。また,請求に対する回答の仕方によっては,その回答自体を証拠とされてしまうケースがありますので,注意が必要です。

 

2,不倫慰謝料請求された場合にとるべき対応を検討しましょう

慰謝料の請求が認められるケースで,実際に請求をされたときにとるべき対応方法は,関係者の本気度や性格等によって様々です。 なかでもとるべき対応方法に大きな影響を与えるのが,不倫している相手との関係に対する本気度です。 そこで,この点に着目して,大まかな方針について解説します。

 

不倫している相手との関係に対する本気度は,大きく以下の2つに分けることができます。

①自分も相手も本気で交際をしている場合

②自分は本気ではない場合

 

①自分も相手も本気で交際をしている場合

自分も相手も本気で交際をしている場合には,相手とその配偶者に離婚してもらいたいと望むことになると思います。 この場合には,自分に対する慰謝料請求が解決するだけではあまり意味がありません。離婚問題と慰謝料請求が一体的に解決されることが望ましい解決となります。 そのためには,むやみに単独で対応するのではなく,交際相手としっかりと相談して,離婚の話合いも進めてもらう必要があります。 交際相手の配偶者が離婚を強く拒否している場合には,解決までに非常に長い時間がかかることがあります。

また,早期に解決したい場合には,慰謝料の相場にとらわれず,多額の支払いをしなければならないケースもあります。 不誠実な対応をしていると,感情をさらに逆なでしてしまい,紛争を激化させることになります。不必要に,不誠実な相手と認識されないようにすることも大切です。

 

②自分は本気ではない場合

請求されたものを放置するような行動は,おすすめできません。上でも述べたように,感情を逆なでして,争いを激しくするとともに,長期化する要因を作ってしまいます。慰謝料の支払いや交際の中止等,合理的な範囲で請求に応じて誠実に対応する方が良いでしょう。交際相手の配偶者の性格によっては,会社に連絡をしたり,SNSに悪口を書き込んだりと,感情的な行動にでてしまうケースもありますので注意が必要です。

また,不倫による慰謝料の支払い義務は,自分と交際相手が連帯して負っているものです。具体的に説明すると,不倫相手の配偶者に対しては,相当額の慰謝料を支払わなければならないですが,不倫相手に対して,その慰謝料のうちの負担部分を請求できる関係にあります。このように,不倫相手に請求できる権利を,求償権といいます。この求償に関して交際相手と協議することも必要になります。

 

さまざまなご相談をお受けしていて思うことは,不倫している場合には,自分を正当化させるためにさまざまな理由を考えてしまいがちです。 しかし,不倫している相手やその家族に苦痛を与えているという事実を軽視してしまうと,問題解決にも時間がかかってしまいがちです。

なお,実際に請求されたときの対応方法については,関係者の性格などにも左右されますので,個別に相談されることをお勧めします。