親権とは

親権とは、子どもを監護し、養育するために認められた権利や義務です。具体的には、子どもの居住場所を決める権利、子どもに教育を受けさせる義務、子どもの金銭を管理する権利などが含まれます。


親権は、基本的にはその子の父と母が共同で行使します。しかし、父母が離婚した場合には、父と母のどちらか一方が親権を持つことになります。そのため、離婚の際には、それぞれの子について、親権者をどちらにするのかを取り決めて、離婚届に記載しなければなりません。

親権者の決め方について

離婚の際に、子どもの親権を父母のどちらが持つのかということについては、激しい争いになってしまうことが少なくありません。当事者間の協議で親権者が決まらない場合、裁判所の調停や裁判の手続きで親権者を決めることになります。

調停は、裁判所が選ぶ調停委員を介して、当事者間が協議をする手続きです。そのため、最終的な判断を裁判官が行うのではなく、当事者間で合意ができなければ親権者は決まりません。裁判では、当事者間で合意ができなくても、裁判官が最終的に決定をします。(いきなり裁判を行うことはできないので、原則として、先に調停を行ってから裁判をする必要があります。)

では、裁判所が親権者を決めるときにはどのような要素が重要視されているのでしょうか。
→次のコラムをご覧ください。