離婚の進め方の概要

 「これから離婚の話し合いをする」というときに、まず確認しなければならないのが、相手方の離婚に対する意思です。相手方の意思次第で、離婚の話し合いの進め方は大きく変わってきます。

<相手方にも離婚意思がある場合>

相手方にも離婚意思がある場合には、離婚条件についての話し合いに移ります。
条件について合意ができれば、それを書面に残すかどうか、残す場合には、どのような形式をとるかを決めることになります。
条件についての協議が決裂した場合には、調停や訴訟といった裁判所の手続きで、条件を決めていくことになります。

<相手方に離婚意思がない場合>

相手方に離婚意思がない場合には、裁判官が判決で離婚を言い渡さない限り、離婚が成立しません。

裁判官が離婚を言い渡すのは、法律上で定められた離婚事由がある場合です。

法律上で定められた離婚事由は、以下の5つになります(民法770条1項)。


1.配偶者に不貞な行為があったとき。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。

3.配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

この離婚事由については、それぞれ詳しく説明していきます。