「裁判で決着をつけよう。」などと相手方から言われると、脅されるようにも感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そのような感覚は、裁判に関してわからないことばかりで、漠然と大事になってしまうと感じることが原因ではないかと思います。

しかし、納得がいかない状態で離婚をするよりも、最後まできちんと争って精神的にも整理をつけた方が、人生の次のステージに進むことができる場合もあります。そのため、裁判する場合のイメージも持った上で、解決の方法を考えていくことが重要になります。
そこで、離婚裁判になった場合の流れと留意点についてご説明します。

1 離婚裁判の流れ

 ① 調停終了
   離婚は身分関係に関する重大な事項ですので、裁判を行う前に、当事者間で協議をする機会を持つことが必要
   と考えられています。そのため、まずは調停を行う必要があります。
 ↓  
 ② 訴状を家庭裁判所に提出する
   離婚をしたい側の当事者が訴状を提出します。
   自動的に調停から訴訟に移行する訳ではありません。
 ↓
 ③ 裁判所から期日の指定、被告への訴状の送達、被告への答弁書の催告がされる
 ↓
 ④ 被告が答弁書を提出する
 ↓
 ⑤ 第1回の口頭弁論期日
   訴状提出から約1か月程度で第1回の口頭弁論期日が開かれます。
 ↓ 
 ⑥ 双方がそれぞれの主張を書面で提出する
   離婚原因、親権、財産分与など、その裁判で争いとなっている事項に関し、双方が書面を提出して
   それぞれの主張を提出します。
   裁判の期日はだいたい1か月ごとに設定され、その度に書面が提出されることになります。この手続きにかかる
   期間は、その事件での争点の数やその内容によります。
 ↓
 ⑦ 尋問
   当事者や関係者が、裁判所の法廷で、自分の代理人、相手方の代理人、裁判官からの質問に答える手続きです。
 ↓
 ⑧ 弁論の終結
   双方の主張が出尽くしたと判断されると、弁論が終結し、これ以降、主張や証拠の提出ができなくなります。
 ↓(1~2か月後)
 ⑨ 判決
  
  ※訴訟の間、裁判官の勧告や当事者の申し出により、和解の協議が行われることがあります。
   和解の協議がまとまると、和解離婚が成立することになります。

2 離婚訴訟のメリット

・相手が離婚を拒否していても、離婚事由があれば、離婚が成立する
・当事者間で合意が期待できない争点について、裁判官の判断が下される
・相手方に弁護士がつき、進行がスムーズになる可能性がある

3 離婚訴訟のデメリット

・夫婦間の出来事が公の場で議論されることになる
訴訟になると、会社等に通知されるようなことはありませんが、原則として公開されることになりますので、この点に抵抗がある人は注意が必要です。
・徹底的な争いになり、紛争が激化する
夫婦間の出来事は客観的な資料が少なく、お互いに言った言わないの水掛け論になってしまうことが多く、書面のやりとりで紛争が激化することが多くあります。
・時間がかかる
和解ではなく判決になる場合には、短くても半年程度はかかってしまいます。
・戸籍に裁判離婚である旨が記載される
・裁判所に納める費用や弁護士費用がかかる

4 最後に

離婚訴訟はできる限り避けたいものですが、きちんとその内容を理解していれば、恐れる必要はありません。
まずは訴訟にしなくてもよいように戦略を立てて協議や調停を進めつつ、最終的には訴訟をしてもよいという気持ちで進められると、ストレスを軽減できるかと思います。