状況・背景等

子どもは月4万円程度かかる塾に通っており,依頼者様は,夫がその塾代を通常の養育費に加算して支払うことを希望していました。夫は塾の費用を把握しておらず,当初,高額な費用を負担することを拒否しました。

実施したこと

しかし,夫が塾に通うことに同意していたことや,双方の収入からして過大な教育費とはいえないことなどを主張したところ,裁判官が塾の費用についても夫が収入割合に応じて負担すべきとの考えを示しました。

得られたこと

その結果,夫が養育費に塾の費用を加算することに同意し,子どもが塾に通い続けることができることとなりました。

ポイント

親の事情で子どもの環境が変わってしまうと,子どもに精神的な負担を与えるだけでなく,将来的な親と子の関係にも悪影響を及ぼすことになりかねません。そのような結果とならないよう,交渉をしていく必要があります。