状況・背景等

依頼者(30代 男性 会社員)、自身の不貞が発覚した後,妻が子を連れて家を出て行き,離婚を請求されているとのことで相談に来られました。依頼者は,妻との関係修復を希望していました。

実施したこと

妻から申し立てられた調停の期日において,妻の離婚に対する決意が強固であることがわかりました。裁判で争っても離婚が認められる可能性が高いこと,争いが長期化すると子どもとの面会に悪影響がでる可能性があったことから,離婚に応じる代わり,できる限りこちらの希望に応じた面会ができるように交渉していく方針に変更しました。

得られたこと

その結果,宿泊を伴う面会や電話での連絡など,通常の面会交流の取り決めよりも依頼者に希望に沿う合意ができました。

面会交流を含む離婚事件のポイント

依頼者の一番の希望が実現できるに越したことはありませんが,その実現が難しいときには,次にベストな方法を模索することが,結果として依頼者の利益になることが少なくありません。最終的に納得していただけるように,打ち合わせをして慎重に話し合いながら,相手との協議を進めるようにしています。