状況・背景等

依頼者は,交際していた男性との間の子を出産しました。男性は子どもを認知することを約束していましたが,その約束を守ることなく,連絡がとれなくなりました。

実施したこと

認知を請求する裁判を行いました。相手が出席せずDNA鑑定ができなかったことから,交際の経緯等を詳細に主張しました。

得られたこと

その結果,認知を認める判決が下りました。

認知請求を認めてもらうためのポイント

相手方が任意に認知に応じなくても,裁判で認知を請求できます。出生に関する事実は,子どものアイデンティティーや将来に影響を与える可能性があります。認知請求をしない選択が良いケースもある一方,認知されていないと養育費を請求することは難しくなります。子どものためにどのような方法がベストか検討する必要があります。