状況・背景等

依頼者である夫(40代 男性 会社員)は,妻に突然家を出て行かれた後,調停で離婚の申立てをされました。依頼者は修復を望んでいました。

実施したこと

妻は,弁護士を代理人として上で,夫からのDVなどを主張しており,修復が難しい事案のように思われました。しかし,謝罪の手紙を送付したり,修復の方針について具体的な説明を行いました。

得られたこと

結果,修復して生活していくことになりました。

ポイント

修復を望む場合には,相手が離婚を望む理由を解消するために,提案をしていくことになります。しかし,修復できるケースは多くないため,後で離婚協議となった際に,不利な証拠とされないように注意をしなければなりません。修復については,法律論で解決できないことではありますが,ご相談にお越しいただくことで,先を見越した冷静な対応が可能になるかと思います。