状況・背景等

依頼者様が夫に離婚を切り出したところ,夫が子どもを実家に連れ帰り,面会も拒否しました。依頼を受け,書面や電話で交渉をしましたが,夫は応じませんでした。

実施したこと

そこで,裁判所に対し,子どもの引渡し・監護者指定の審判を申し立てました。

得られたこと

依頼者様のこれまでの監護の実績,家族の手厚い補助が期待できること,夫の連れ去り行為が悪質であることなど,依頼者様に有利な事情を主張しました。その結果,依頼者様が監護者となるべきとの審判がなされ,夫は,依頼者様に子を引き渡すよう命じられました。

ポイント

子どもを巡る争いは,お互いに譲歩して解決することが難しく,紛争が激化・長期化することも多いです。また,裁判所の手続きでは,当事者が準備しなければならない書面や面接があり,どのような点を主張すれば有利になるのかなど,専門家の助言を受けることをおすすめします。