許せない,悔しい,信じられない・・・配偶者が不倫をしていることが発覚すれば,いろいろな感情が沸き上がり,混乱してしまうことと思います。しかし,感情的に行動をとると,状況がさらに悪化してしまうかもしれません。

 これまで不倫に関する相談を数多くお受けしてきました。その経験を踏まえ,後で後悔しないために考えるべきポイントをご説明します。

1,証拠を集める

 相手を問い詰め,不倫を認めたら,それで安心でといえるでしょうか? 答えはNOです。

 なぜなら,慰謝料を払わなければならない等,自分にとって不利益な事実を把握すると,自白したことをなかったかのようにする人も少なくないからです。そのため,まずは証拠を確保することが大切になります。

 自力での証拠収集が難しい場合には,探偵さんに調査をお願いすることも必要になるかもしれません。しかし,中には,獲得できる慰謝料よりも高額の調査費用を請求されたり,証拠写真が証拠として使えないクオリティであったりと,探偵さんによる二次被害ともいえるような事態が発生することもありますので,注意が必要です。ご相談にお越しいただいた上で,必要な場合には。名古屋近郊で活動をしている探偵さんをご紹介することは可能です。

2, 離婚するのか修復するのかを決断する

 不倫に対する対処方法は,その後,離婚したいのか,それとも修復したいのかによって,大きく異なります。自分の気持ち,予想される子どもの反応,離婚した場合の経済状況等を慎重に検討して,決める必要があります。

 中には,1年以上かけて,決断をする方もいらっしゃいます。なお,慰謝料請求ができる期間には民法上の制限がありますので,その点には注意が必要です。

3, 慰謝料請求の相手方を決める

 配偶者の不倫について慰謝料請求をする場合,基本的には,配偶者だけでなく,その不倫相手にも慰謝料請求をすることができます。

 誰に対して憤りを感じるのかは,人によってそれぞれです。不倫の相手にのみ慰謝料を請求をする人もいれば,配偶者のみに請求する人,両方に請求をする人もいます。

 ただ,不倫に関する慰謝料の性質として,配偶者と不倫の相手の双方に請求できるものの,片方から相当分の慰謝料の支払いを受けている場合,裁判等では,他方から支払いを受けることはできなくなります。そのため,請求の方法や順序は,戦略的に決めていく必要があります。

4, 離婚や慰謝料請求の方法を決める

 

 請求の方法としては,当事者同士の協議,弁護士を通じての協議,調停,裁判などがあります。持っている証拠,相手の性格,親族との関係性,これまでの対応等により,適切な方法は異なります。

 請求の方法を間違えると,争いが長期化して,精神的な負担が大きくなってしまうことがありますので,慎重に決断しましょう。