状況・背景等

依頼者である夫は,不倫相手との生活を開始し、妻に対して離婚を請求していました。妻も修復は望んでいませんでしたが,経済的な不安などを理由に,離婚を拒否していました。

実施したこと

妻は,現在の自宅に居住し続けたいという強い希望を持っていました。自宅は,依頼者名義でローンを組んで購入したものでした。月々の返済額は通常の家賃程度であったことから,ある程度の養育費を依頼者が支払えば,妻が返済できると考えられました。 そこで,少し上乗せした養育費の支払いと引き替えに,妻が住宅ローンを返済していくこと,返済完了後に,夫から妻に自宅の名義変更を行うことを提案しました。

得られたこと

依頼者の提案を通して離婚調停を成立させることができました。

ポイント

条件をすりあわせることが難しいように見える場合でも,双方が譲歩できるようなポイントを探っていくことで,解決ができることがあります。お互いにとってより良い解決が導けるように,方法を探っていくことが大切だと思っています。