状況・背景等

依頼者(50代 女性 会社員)は,夫の死亡後,夫の携帯電話の内容などから,夫が不倫をしていた事実を知りました。

実施したこと

依頼者が保有していた証拠だけでは,裁判で不貞の事実が認められない可能性がありました。そこで,私から相手に直接連絡をとって事情を聞き,不貞を認めさせることができました。

得られたこと

相手から,慰謝料の支払いを受けることができました。

ポイント

死亡後に配偶者の不貞を知るショックは,金銭的なもので解決できるものではありません。少しでも気持ちを和らげられるように,お手伝いします。