状況・背景等

夫は,依頼者である妻に対し,「俺の稼いだ金を使いやがって」,「徹底的に苦しめてやる」などと暴言を繰り返すとともに,ドアを破壊するなどものに当たることを繰り返していました。妻は警察に相談しましたが,警察による警告後も夫の態度は改善せず,弁護士に対しても,「復讐してやる」などとメールを送り付けてきました。

実施したこと

裁判所に対し,自宅からの退去及び接近禁止の保護命令を申し立てました。

得られたこと

裁判所から保護命令が発令され,調停で離婚も成立させることができました。

DV及びモラハラによる離婚事件のポイント

DV加害者に対する対応は,慎重に行う必要があります。ときには,争わずに逃げることが重要になることもあります。 専門家に相談をした上で,慎重に行動していくことをお勧めします。