シングルマザーになると直面する苦労

厚生労働省の「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」によると、2019年には58万3,000組が結婚している一方、21万組が離婚しています。

離婚後、シングルマザーとして一人で子育てをしながら生計を立てる方も今では珍しくありません。

国や市区町村では、そのような方に向けて様々なサポートを行っています。

「一人で子供を育てることがこんなに大変だったとは」「想像していたよりはるかに苦労が多い」と多くのシングルマザー経験者が語っています。

今回はそんなシングルマザーが生活の中で苦労していることや、シングルマザーが直面しやすい苦労についてご紹介していきます。

ただでさえ大変なシングルマザーとしての生活ですので、事前にどのような苦労があり、それを対処するにはどうすればよいのか知ったうえで離婚を決断するのもいいでしょう。

シングルマザーの苦労

離婚する時には「夫や問題から解放されて、新たな人生を子供と生きよう!」と将来を夢見たり、未婚で出産する時も「一人でも立派に子育てしてみせる」と意気込んで新生活をスタートさせた人もいるのかもしれません。

しかし、すぐにその夢や希望が、並大抵の努力では叶わないことや、一人で子育てする上でのジレンマに直面することでしょう。

シングルマザーの生活は、想像をはるかに超える苦労が待っているのです。
以下のとおりです。

家計が苦しい
子供との時間が少ない
仕事と育児の両立が厳しい
保育園や幼稚園のイベントに参加できない
相談できる相手がいない
1人の時間を取りにくい
偏見の目

シングルマザーとして生活していくうえで仕事は不可欠です。
仕事をしながらの育児だと、やるべきことが山ほどあります。

ハードワークで体も疲れるので、優先順位の高いこと、つまりは子供を食べさせたり、寝かしつけることだけを必死でこなして、家の掃除や洗濯物などは後回しになってしまうことでしょう。

自身の生活と子供の養育を考えると、少しでも条件の良い再就職先を見つけられるような工夫が必要です。

子供が生まれた瞬間から、自由な時間に好きに出かけることができる生活が一変します。
自分の時間は全て子供のお世話にもっていかれます。
さらに自分が働かなければいけなくなると、一日の大部分を仕事の時間として使わなければならなくなります。

それにご飯、洗濯、掃除など、他の必要な家事を全て一人でするとなると、時間は本当にありません。
子供と遊ぶ時間も少なくなってしまうことでしょう。
ですから多くのシングルマザーが、「子供に寂しい思いをさせている」という思いを感じてしまっています。

仕事をしなければいけないことを考えると、子供をどこかに預けなければならないことでしょう。
近頃は待機児童の問題などを聞く機会も増えました。
近くに子供を預けられる実家や親類の家があれば安心ですが、そのような状況にいない方も少なくありません。
基本的に、認可保育園では母子家庭が優先的に入園できるようになっていますが、その地域に待機児童が多い場合、残念ながら母子家庭であっても簡単には入園は難しいかもしれません。

子供を育てていると悩みは尽きません。

さらに仕事のこと、お金のこと、恋愛のことなどシングルマザーには悩みがたくさんあります。

しかし、多くのシングルマザーが相談できる相手がいないと嘆いています。

実家の親には心配をかけたくなかったり、偏見を経験していると、友達を信用することも難しくなってしまいます。

元旦那さんでも、別れた理由などにより感情的になってしまい、相談するのが難しくなっている場合もあります。
たとえ二人の子供のことでも、自分が必要な慰めやアドバイスをくれるとは思えないこともあるでしょう。
ですから、シングルマザーの支援団体や公共の相談窓口、シングルマザーコミュニティーに頼るといいです。
本音で話せたり、自分だけではどうしても解決できないような問題を一緒に考えてくれることでしょう。

今ではシングルマザーとして生活している方も一定数存在します。

また、シングルマザーが主人公のドラマや映画などの登場によって、シングルマザーへの理解も昔よりも深まっています。

しかしシングルマザーへの偏見が根強く残っているところもあるため、あなたが傷ついてしまうような言動をする人が周りにいるかもしれません。

もしそのような言動を吐かれたとしても、決して負けない心持ちでいることも大切です。

シングルマザーになると、お金・子供・住居・苗字変更・精神面など、さまざまな問題に直面することになります。

しかし、それらの問題に対して慌てずに、控除制度やサービス、周囲の方達などに支えてもらいながら一つずつ対処していきましょう。

また、シングルマザーになる前に不安を少しでも減らすために、離婚へ向けて可能な限り準備しておくことをおすすめします。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!