毎日、パートナーと一緒にいて、楽しいですか?

毎日、パートナーと一緒にいて、楽しいですか?

心の底から笑えてますか??

もちろん楽しくない!とはっきり思うことが出来るならば、しっかり対処するべく、動いていきましょう。
楽しいと言えば楽しいけど、心の底からと言われるとわからない…と思う方は、もしかしたら当てはまる問題かも知れません。

まずは、以下の状況に着目し、毎日を振り返ってみてください。

①何かと理由をつけて謝ることをしない。

②私が少しでも楽しそうにしていると、不機嫌になる。

③日常生活で、少しでも気に入らないことがあると無視をしてくる。

④悪気なく、嘘をつく。

⑤大きな声で怒ったり、私が萎縮してしまうような音を出すことがある。

⑥他人の前で、私のことを貶すような表現をする。

⑦私が他の人と仲良くしていると、理由をつけて会うなと言ったり、今後の付き合いを制限してくる。

⑧私が悪くなくても、何か間違いや気に食わないことがあると、私が悪いと言われる。

⑨私のため、と言い、私の行動を否定し、制限してくることがある。

以上を読んでみて、いかがでしょうか?

もし、「あれ?当てはまることが多いな、、でも、私が悪いんだよな…」と思ったら、危険信号です。
まずは、周りの信頼できる友人、家族などに相談してみましょう。
それが難しいようであれば、DVの相談窓口で、聞いてみるのもひとつの手です。

DVと聞いて「うちの人は、殴るわけじゃないし、そんな大袈裟なものじゃない」と思うことも危険信号の1つです。
自分だけで判断せず、他の人の力を借りてもいいんです。

これは「moral harassment(モラルハラスメント)」かもしれません。
いわゆるモラハラと言われるものですね。まさかうちの人が…。と思うかもしれませんが、そう思わせていくのが、モラハラです。当てはまることが多いようであれば、相談してくださいね。

モラハラは、DV(ドメスティックバイオレンス)の1種で、身体的な暴力ではなく、言葉や行動、態度によって、精神的な苦痛を与える行為のことです。

何度も言いますが、大事なのは、自分だけで判断しないことです。

それでも、中々相談できず、自分でも判断したいという方もいらっしゃるはずです。

その場合の判断方法も3つお伝えしていきましょう。

①夫婦2人の関係は、対等ですか?意見をパートナーにはっきり伝えることが出来ていますか?

今まで育ってきた環境が違うので、意見が対立することも出てくるはずです。その時のパートナーの態度や、行動はどうでしょうか?
もし、パートナーの態度や行動を見て、「意見を伝えるのが、怖い」「伝えたら、更に強く否定される気がする」と感じる場合、対等ではありません。

②パートナーが怒るときは、どのような時に強く怒りますか?

例えば、私が約束の時間から5分遅れたとしましょう。理由を伝えて、謝っても、パートナーの不機嫌が続き、無視をされる、育った環境を否定されたり、人格を否定されたりしていませんか?
これは、多くの人からすると許容出来るはずのことを、度を超えて怒っています。

③パートナーに非がある場合、パートナーはどう対応しますか?

例えば、パートナーが、棚に飾っていた私が大切にしていたものを壊してしまったとしましょう。私が残念に思っていると、パートナーは謝ることはせず「こんなところに置いておくお前が悪い」と私を否定し、「片付けられないように育ったお前が信じられない。そんなふうに育てたお前の親も良くない」などと人格否定や、家族までも否定してくるようであれば、モラハラになるでしょう。

以上を踏まえてみて、いかがでしたか?
少しでも当てはまる項目があれば、モラルハラスメントである可能性は高くなります。

うちの人は、モラハラなの??
それでもまだ断定できない人もいるでしょう。
モラハラなのか、判断は出来ないけど、少しでも苦痛を和らげるために、効果的な対応をお伝えします。

①近しい人がモラハラで困っている話をしましょう。

友人、知り合い、職場の同僚、後輩、どんな繋がりでもいいので、他の人がどんなモラハラ被害を受けているのか、パートナーに話をしてみてください。
この場合、話の内容は、事実でなくても大丈夫です。自分が受けていて嫌だと思うことを織り交ぜながら話すこともひとつの手でしょう。
客観的に観ることで、自身の行動を考え直してくれるかもしれません。

②完璧に頑張らず、難しいことは難しいと伝えましょう。

悩まれている方は、パートナーに対して、言われたことを完璧にこなす頑張り屋さんが多い傾向にあるようです。
言われたことを全てやりきろうとせず、自分の中での限界や、出来る範囲をしっかり把握し、出来ないことは出来ないと伝えましょう。
それでも、やるように言われるのなら、「私はここまでしか出来ない。後は自分でやってください」と伝えることも効果があるようです。

モラハラは、精神的な苦痛を徐々に与えられる行為のため、気分が落ち込むことが増え、気付かぬうちにうつ病を発症したり、疲れが取れない毎日を過ごすことになりかねません。
1人で悩まずに、相談して、行動に移していきましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!