なぜ、パートナーは、モラハラをするようになってしまったのか?

前回の記事では、モラルハラスメント、いわゆるモラハラになる判断基準や、パートナーに対しての自分の対応の仕方の話をしてきました。

今回は、なぜ、パートナーは、モラハラをするようになってしまったのか?を考えていきましょう。

①育ってきた家庭環境。

幼少期から青年期にかけては、身体と一緒に精神も、成長していく大事な時期になります。人格形成を始め、自分がどのように生き、判断していくか学んでいく時期でもあるでしょう。

・親の過干渉・過保護

本来であれば、周りの人たちとコミュニケーションをとり、どのように生きるか、自分で考え、判断していくのを尊重するのが親です。もちろん、幼少期であれば、間違いがあれば正す必要もあるでしょう。ただ、親が常に口を出し、親の考えや意見に常に従わざるを得ない環境にいた場合、自分で考えることが出来なくなります。出来なくなるというよりも、本人にとっては、それが普通であり、出来ていないとも思っていません。自分で考えることが出来ないが、親からは何かと言われる。という状況は、親と子という関係を除けば、モラハラになるでしょう。
その状況しか知らない人間は、無意識に普通だと思っている、もしくは普通ではないと気付いていたとしても、それ以外の対処法を知らないので、無意識に同じ対処法が出てしまう、という悪循環です。

・虐待

ネグレクトや、家庭内暴力を受けていた場合も、上記と同じでしょう。

②仕事上のストレス

何かをやり遂げていくという環境は、誰もが何かしらのストレスを感じると思います。経済的な不況も著しい中、企業もどのように生き残っていくか、を模索しています。
それは大きなプレッシャーとなり、ストレスの原因にもなっていくでしょう。
このようなストレスを無意識のうちに、もしくは意識的に家で発散している可能性もあります。

③発達障害

もちろん発達障害であることが、モラハラをする直接の原因であるとは限りません。
パートナーが発達障害を持っていて、気付いていない場合、生活する上でさまざまな困難に向かうときの大きなストレスが原因になっている可能性はあります。

④自信過剰

自分のやることに絶対的な自信があり、許容範囲が狭い場合、相手への思いやりと履き違えて、モラハラをしてしまう可能性も考えられます。

それぞれ1つ1つがはっきり出ていれば、原因もすぐわかるかもしれませんが、おそらく様々な背景が混ざり合って、モラルハラスメントをしていると思ってください。
これらが全てというわけでもないので、様々な環境、背景、性格、状況を合わせて、考えていきましょう。

原因が、なんとなくわかってきたところですが、一番大事なのは、今の状況の改善ですよね。
モラハラはこれから改善されるのか。考えを改めてもらうことはできるのか。

モラハラは、医学上では病名として確立されているものではありません。時代背景の移り変わりなどから、浮き彫りになってきたところもあり、精神病の1種とも言われるようです。

結論から言いますと、モラハラが改善することは極めて低いといえます。
言葉を使って、精神的に追い詰めること、支配的な状況を作っていることに、まず気付けていない可能性が高く、また気付いていたとしてもその行為が相手を追い詰めていることだと判断ができないからです。
残念ながら、支配的な状況を作っていないと本人が落ち着かないということもあるようです。

また、モラハラをする人は、必ず自分の非を認めようとしません。モラハラというものは、自分に非があっても、何か理由をつけて、自己弁護し、正当化します。正当化するだけならまだ良いものの、私に対して、それは間違っていると指摘してくるでしょう。
何度も何度も根強く言われると、パートナーではなく、私が間違っているのかな?と思う方も出てきてしまいます。私が間違っているのかな?と思う方は、もう一度、自分の意見を考え直し、周りに相談をして、多方面に耳を傾けてみてくださいね。

何十年と培ってきた価値観を変えていく労力は計り知れないものです。人生は有限です。中々判断に踏み切れないかもしれませんが、離婚をして、一度真っ新な状態に戻ってみるのもいいかもしれません。

もちろん離婚を決断していても決断していなくても、周りに相談に乗ってもらいましょう。それがもし離婚という形に進むのであれば、然るべき場所で相談するのもひとつの手です。

考えることを諦めないでください。
周りの手を借りることを諦めないでくださいね。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!