離婚調停で親権を得るのは、母親有利なのか?

基本的に、親権は親が基準ではなく、子どもの幸せを基準に判断されます。裁判所のデータによると、9割が母親に親権が渡っているようです。子どもにとってどちらの親に育てられると幸せなのか、を考えたとき、どうしても母親が有利になるのは、子どもと一緒にいる時間が長いことが大きいようです。ただ、絶対ではありません。

なぜ、親権を得られるのが9割母親なのか、見ていきましょう。
子どもにとって幸せとはなにになるのでしょうか。もちろんそれぞれの家庭によっても子どもによっても変わってくると思うのですが、日本の法律上、どのようになっているのか、見ていきましょう。

親権を得られるのが9割母親である理由

親権をどちらも希望していて、争うことになった場合、離婚調停で決めることになります。
まず大切なことは、子どもとどれだけ一緒の時間を過ごせているか。
日本では、一般的に父親が稼ぎに出かけ、母親が家事や育児をメインとしている家庭が多いでしょう。そのため、男性が仕事の関係で女性よりも子どもと一緒にいる時間は少なくなるので、不利になるようです。
このように子どもと一緒の時間を過ごした実績を「監護実績」といい、法律上、親権を得るために判断される材料となります。

例えば、
・子どもの食事や必要な弁当は誰が作ってきたのか、
・子どもと食事を共にする機会は、どれぐらいあったのか
・子どもが病気をしたとき、ワクチンなどの予防接種、健康診断への付き添いなどは、誰がしていたのか
・お風呂に一緒に入った回数は?どちらのほうが多いのか?
・勉強や遊びに付き添っていたのは、どちらが多いのか?
・保育園や幼稚園、学校、学習塾、その他の習い事など、送り迎えや、そのイベント行事に参加していたのは誰なのか?

いくつか具体例をあげましたが、これらは子どもと一緒の時間を過ごすきっかけになったり、子どもがどのような生活を送っているのか、把握できることです。そのため、監護実績となるのでしょう。

子供との時間

また、今後親権を得たとして、子どもとの時間が少なくなるようだと、親権を得るのが難しくなるようです。そのため、子どもと一緒に過ごすために転職を予定している、両親の援助があり、子どもと一緒に過ごせる予定であることをアピールすることも大事です。

親の健康状態

そして、親権を持つ親は、身体も心も健康であるか、ということも重要です。身体も心も健康でなければ、自分のことを面倒見なければいけないのに、意思や感情のある子どもまで、将来を見据えた接し方ができないことや、養育するためのお金を稼ぐことが難しいと判断されるということでしょう。

金銭状態

また、上記にも記したように、子どもを育てるということは、お金がかかります。毎日の健康的な食事や、清潔感のある服装や身体の維持というのも自分ひとりと子どもがいる場合とでは、かなり変わってくるでしょう。生活水準をさげれば、下げるだけ、子どもにとって良い環境とはいえない状態になるのは、目に見えています。
ただ、収入が少ない場合でも、両親の援助や、パートナーからもらう養育費を検討することも可能でしょう。

子供の意思

最後に、子どもの意思です。15歳以上の子どもについては、親権について、どちらの親についていきたいかの確認がされます。子どもの幸せが基準になっている親権では、大きく関わってくるでしょう。

このようにみていくと、もし父親が稼ぎに出ていて、母親が家事や育児をメインに動いている過程であったとしたら、母親側が有利になってきます。日本では、このような家庭がどうしても多いことから、母親側に親権が渡ることが9割となっているのも納得できますね。

父親に親権が渡るケース

ただ、このような場合でも、父親に親権が渡る場合もあり得ます。それはどのようなときでしょうか。他にも親権に関わる重要事項がいくつかあるので、みていきましょう。

例えば、パートナーが子どもを置いて出ていった場合、監護実績がなくなるため、離婚調停では不利になります。
ただ、パートナーが子どもを連れて出ていった場合、監護実績がパートナー側につくことになります。基本的には今の生活環境を変えないことが重視されますが、子どもがその環境に既にいない場合、監護実績が優先されるので、気を付けましょう。

また、監護実績に繋がる証拠として、育児日記があげられます。毎日の子どもの健康状態や、できごと、送り迎えの状況や、コミュニケーション内容などを日記帳やメモなどに残しておくとよいでしょう。

親権というのは、このような形で重要視されます。決められるのは、離婚調停のため、離婚調停の手順や、用意する内容などもみておくと事前準備がしやすいでしょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!