離婚弁護士の選び方

離婚時の弁護士の活躍次第で、離婚後の生活が変わってくると言っても過言ではありません。
例えば、慰謝料増額によって離婚後の生活を安定化させることができますし、養育費獲得によって子供の生活に関する不安を取り除くこともできるでしょう。
離婚後に「失敗した」と思わないためには、弁護士選びが絶対に重要です。
弁護士に依頼することで、今後の見通しがつくだけではなく、つらく大変な離婚手続きのなかで心強い味方となってくれます。
どのような弁護士へ離婚すべきか、この記事では弁護士の選び方・弁護士の探し方について紹介します。

離婚問題解決が得意な弁護士の選び方

離婚問題が得意な弁護士を選ぶポイントは以下のとおりです。

・離婚の解決実績が豊富であること
・離婚問題の解決実績が豊富である
・離婚調停や離婚裁判以外での解決方法を豊富に持っている
・親身に相談に乗ってくれる
・探偵など専門家とのつながりを持っている
・料金体系が明確である
・メリットだけではなくリスクについても説明をしてくれる
・話しやすい存在である

それぞれ詳しくご説明します。

離婚のような専門性の高い分野では、依頼する弁護士が離婚問題に対して積極的な弁護士かどうかで大きな違いが生まれます。
弁護士なら誰でも離婚問題の解決ができると思ってしまうのは少し危険です。法律分野は多岐に渡るため、離婚問題を確実に解決するためには『離婚問題解決に注力している弁護士』を選ぶ必要があります。
離婚問題に力を入れているかどうかは、解決実績やホームページの充実度、コラムの執筆やメディアへの露出などで判断できます。

離婚問題の解決実績も見ながら選んでいきましょう。
実績が多ければ、過去の事件を参考に最適な解決方法や手続きの進め方を選んでくれるはずです。その結果、短期間や有利な状況での離婚成立を望めるでしょう。
弁護士の解決実績は、主にホームページ等で確認することができます。
単に件数や経歴だけを見るのではなく、親権問題や慰謝料請求など、自分の今の悩みでの解決実績が多いかどうかも確認してみてください。

離婚問題の解決方法は裁判だけではありません。裁判は決着がつくという大きなメリットもありますが、依頼者の負担は大きくなります。
示談や話し合いなど、裁判以外の解決方法を豊富に持ち提案してくれる弁護士に相談しましょう。

「不倫慰謝料請求のために浮気の証拠を揃えたい」「持ち家は売却して財産分与を考えている」などの状況では、探偵や不動産会社などの弁護士以外にも他の専門家の力が必要になる場合があります。
自分ひとりでは対応できない問題に対して、専門分野を分けて取り組める弁護士はよい弁護士といえるでしょう。

相談者に親身になって相談を受けてくれるかどうか?という点も注目すべきです。
離婚問題では聞きなれない法律用語も出てきます。それらの専門用語を分かりやすく伝えてくれるかも重要です。
相談者を置き去りにして話を進めて行く弁護士は、後々トラブルが発生する可能性もあるため、敬遠すべきでし

料金面も弁護士選びの重要なポイントです。弁護士費用は弁護士事務所でそれぞれ設定されています。
弁護士費用は『相談料』『着手金』『成功報酬』が基本になりますが、高すぎるのも困りものです。また、逆に安すぎても安心できません。
ホームページを見て選ぶ場合、料金体系が分かりやすく、十分に納得できる価格帯の弁護士を選びましょう。

調停や裁判に絶対はありません。そのため、確実に勝てるであろう事件でも多少のリスクが存在します。
なので、リスクや不利な点を分かりやすく説明してくれるかどうかも、弁護士を選ぶ際の重要なポイントになります。

弁護士も人ですから、相性の良し悪しがあります。
人間には合う・合わないというものがあります。優秀で評判のよい弁護士だからと人間面での相性を妥協して選んでしまうと、あとになって「うまくいかない…」となってしまうこともあるので、あまりおすすめできません。

まとめ

離婚問題は個人の問題のため、当事者間で解決できることも多いのですが、金銭や子供のことが絡んでくると、話し合いを拗らせ、離婚後にまでトラブルを抱えることも。
泥沼状態を回避するために、弁護士への相談を視野に入れながら話を進めることをおすすめします。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!