嫡出子と非嫡出子との違い

まず、嫡出子は、「ちゃくしゅつし」と読みます。非嫡出子は「ひちゃくしゅつし」となりますね。

嫡出子とは?

嫡出子とは法律上で婚姻関係のある男女の間に生まれた子どものことを指します。

民法772条で定められています。

(嫡出の推定)

第七百七十二条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

2 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

という内容です。簡単に説明すると婚姻してから200日以降であること、また婚姻解消したとしても解消してから300日以内に生まれた子どもは婚姻中の相手の子どもであり、嫡出子として推定されるということです。

基本的に婚姻期間中に生まれた子どもは、嫡出子として役所に届け出ることが出来ます。

ただ、夫側が自身の子どもではないことを主張したい場合、子どもが生まれたことを知ってから1年以内に嫡出否認の訴えを行う必要があります。

それは以下の民法774条にて、記載されています。

(嫡出の否認)

第七百七十四条 第七百七十二条の場合において、夫は、子が嫡出であることを否認することができる。

これを踏まえると非嫡出子とは、上記に当てはまらない父親に認知されていない子どもということになります。

ただ生まれたときには婚姻関係になく、非嫡出子であっても、父親がその子どもを自分の子どもであると認めた後に父親と母親が婚姻した場合には、認知された子は非嫡出子から嫡出子に転換されるようです。

嫡出子と非嫡出子としての違いは、以前の法律では相続分に差が設けられていました。しかし、格差が違憲であるとの判断がなされ、2013年9月5日の法改正により嫡出子と非嫡出子の相続分は同等となった経緯があります。

他にも非嫡出子は認知されない限り、父との親子関係が認められないことによって以下のような3つの違いがあります。

・父親の相続人と認められない
・父親の戸籍に入れない
・父親に扶養請求ができない

扶養請求に関しては、民法の扶養義務者の877条のところで確認することが出来るようです。

(扶養義務者)

第八百七十七条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。

2 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。

3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

この扶養義務においては、法律上として親子関係が認められる場合に限り、義務として認められるものです。そのため、非嫡出子は父親に認知されない場合は扶養請求できないことになります。

このような場合、子どもは認知調停、認知の訴えを起こすことが出来、父親に認知するよう求めることが可能です。

このような形で嫡出子と非嫡出子の違いが出てくることになるのですが、嫡出子として、推定される場合とされない場合は、最初に記したとおりですが、推定が及ばない場合という状態があります。

・夫が行方不明の場合
・夫が海外旅行中だった場合
・夫婦関係が断絶されていた場合 など

夫の子であると確実でない場合は、推定が及ばないとして、非嫡出子となるようです。

ただし、戸籍実務ではひとつひとつ確認することはないようです。そのため嫡出子として出生届を出すことは可能です。この場合に父やその他利害関係者が父子の親子関係を否定するためには親子関係不存在確認の訴えを提起する必要があります。

非嫡出子については母親との親子関係は分娩の事実によって明らかですが、父親との親子関係については直ちに明らかとはなりません。したがって、父親と非嫡出子との間の親子関係は父親の認知によって初めて発生することになります。

非嫡出子は認知がなければ父親との間での法律上の親子関係は認められません。

中々難しいところだと思うので、このような場合は、弁護士の出番です。親子関係の法律に強い弁護士を探し、どのようにしていくのがよいか相談してみましょう。

離婚解説書TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

YouTube配信中
元気が出る離婚弁護士 森上未紗のチャンネル 離婚の知識や解決事例など配信中!